特集
カテゴリー
タグ
メディア

いざという時に備えて、避難所ガイドアプリを入れておこう

タブロイド

いざという時に備えて、避難所ガイドアプリを入れておこう

タブロイドより転載:いざという時、開いてね。

地震や津波、台風など、なにか大きな災害に見舞われた時は、安全な場所に避難しなければなりません。しかし、最寄りの避難所がどこにあるのか、特に出かけている時はすぐに分かりませんよね。

そんな時に役立ってくれるのが、『防災情報 全国避難所ガイド』です。近所の避難拠点や、津波避難ビルなどを表示してくれますよ。使ってみたところ、なかなか頼れそうなアプリだったのでご紹介いたします。以下、使ってみた様子です。アプリを起動すると、最初はこんな画面になります。

150311hinanjyo_guide002.jpg

「現在地から探す」ボタンを押すと、地図上に、現在地と近くにある避難拠点が表示されます。

150311hinanjyo_guide003.jpg

タブロイド編集部周辺は、こんな感じです。黄色いピンが多いですね。

150311hinanjyo_guide004.jpg

どうやら黄色は、帰宅支援ステーションのようです。その他避難場所なども表示されますので、いざというときに役立ってくれそうです。

150311hinanjyo_guide005.jpg

ピンをタッチすると、その場所の詳細が表示されます。

もし、避難場所への道がわからない時は、カメラをかざすと避難場所への方向を示してくれるAR機能もありました。出かけた先で災害に遭遇した時も、役立ってくれそうですよ。

その他にも、現在地の近くで出ている災害情報・警報の表示や、ライフライン系のTwitterアカウント情報を見ることもできます。災害にあった時に欲しい情報が、しっかり詰まっていますね。

150311hinanjyo_guide006.jpg

いつ来るか分からない災害への備えとしても、インストールしておいて損はないアプリだと思いました。

ただし、災害時には、さまざまな緊急事態が発生することが予想されますので、まずは自治体などの指示に従うことを優先としてくださいね。

また、Wi-Fiじゃないと、やや現在地がずれることがあるようです。手動で位置情報を入力できるようにもなっていますので、いざというときはこちらの方法をお試しください。

(コンタケ)

[防災情報 全国避難所ガイド:iOSアプリ/Androidアプリ]

swiper-button-prev
swiper-button-next