特集
カテゴリー
タグ
メディア

ツナ缶をオイルランプにする方法

ツナ缶をオイルランプにする方法
2011年2月5日公開記事を、編集・修正して再掲載します。

停電や災害などの緊急事態なのにロウソクがない! といった場合、なんとツナ缶をオイルランプとして使うことができます。この記事では、DIY系ブログ「Atomic Shrimp」に紹介されていた方法をご紹介します。

準備するもの

・ツナ缶(もちろんオイル漬けのみ)

・カナヅチ

・釘

・ヒモ

・お皿

・ライター・マッチなどの着火道具

作り方

1.ヒモを缶の高さの約2倍の長さに切る。

2.ツナ缶の真ん中にカナヅチで釘を刺して穴を開ける。

3.ツナ缶に刺した釘をグルグル回し、缶の中身にヒモを入れる隙間を作ってから、釘を抜く。

4.半分に折ったヒモの折り目の方を下にして、ヒモをツナ缶の中へ入れる。ヒモはツナ缶から5mmくらい出しておく。

5.念のためにツナ缶をお皿などの上に置き、ヒモに火を点ける。

ツナ缶オイルランプは数時間もつそうです。オイルランプとして使い終わったツナ缶でも、中身はちゃんと食べられますよ! ツナ缶は、非常食としてもオイルランプとしても使えるので、緊急時のために常備しておくといいかもしれません。

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next