特集
カテゴリー
タグ
メディア

30秒でわかる「Apple Watch」の価格や特徴まとめ

30秒でわかる「Apple Watch」の価格や特徴まとめ

3月10日午前2時(日本時間)より行われたAppleのイベントで、スマートウォッチ「Apple Watch」の詳細が発表されました。

発売されるタイプは3パターンで、本体サイズは38mm/42mmの2種類。日本を含む9カ国での予約開始日は4月10日(金)で、発売日も4月24日(金)に決定。

中には100万円を超えるモデル(!)もあるApple Watch各タイプの特徴や価格、主な機能は以下の通り。

Apple Watchの主なこと

150310apple_watch_5.jpg

バッテリーは18時間持続

・手持ちのiPhoneと連係、世界標準時との誤差0.05秒以内の正確な時刻表示

・数多くのデザインパターンが用意され、盤面のアレンジ・調整が可能

・グランス(いわゆるアプリ)で、音楽再生、天気予報、電話の発着信、メッセージ送受信、手書き機能、SNS利用などの操作ができる

・日常のあらゆる体の動きを測定し、ヘルスケア情報を収集

最も廉価な「Apple Watch Sport」

150310apple_watch_2.jpg

・バンドは全5色、カラフルで耐久性の高いスポーツタイプ

・ケースは「シルバーアルミニウム」「スペースグレイアルミニウム」の2種類

・38mmモデルが42,800円、42mmモデルが48,800円(※共に税別)

スタンダードモデルの「Apple Watch」

150310apple_watch_3.jpg

・バンドはレザー、リンクブレスレット、ミラネーゼループなど6パターン

・ケースは「ステンレススチール」「スペースブラックステンレススチール」の2種類

・38mmモデルが66,800円~113,800円、48mmモデルが71,800円~132,800円(※すべて税別)

店舗・数量限定の特別版「Apple Watch Edition」

150310apple_watch_4.jpg

・バンドはスポーツバンド、クラシックバックルの2パターン、全6種類

・ケースは標準的な金よりも最大2倍硬くなるように開発した「18K」仕立て

・38mmモデルが1,280,000円~2,180,000円、48mmモデルが1,480,000円~1,880,000円(※すべて税別)

また、同じく発表された最新Mac bookについては、30秒でわかる新型「MacBook」の基本スペックまとめも参考まで。

兄弟メディア「ギズモード・ジャパン」では、Apple発表会の全容をまとめています。会場の熱気や発表会の詳細はこちらの記事より。ギズモード・ジャパンは本日も引き続き、Apple新製品の情報をお届けしていく予定とのことです。

すべての詳細は、すでに更新済みのAppleの公式サイトよりご覧ください。

(長谷川賢人)

swiper-button-prev
swiper-button-next