特集
カテゴリー
タグ
メディア

小さな達成感で朝を始めると得られる意外な利点

小さな達成感で朝を始めると得られる意外な利点

ニュートン力学の第1法則は、動いている物体は動き続ける傾向にあるというものです。これは、私たちが最高の仕事をすることで、どんどんチャンスが巡ってくる。そんな力にも当てはまるのです。つまり、一度勢いがつけば、動き続けるのはかなり少ない労力で済むのです。皆さんの行く手をふさぐあらゆる障害や欠点に対して挑戦したり時間をかけて奮闘するよりもずっと簡単です。毎日儀式的にちょっとした勢いをつけるために、Naval Admiral William H. McRaven氏は目が覚めたらベッドを整えるようにとアドバイスしています。

毎朝ベッドを整えれば、その日最初の仕事を果たしたことになるでしょう。それは小さな満足感を与えてくれます。すると、次から次へと別の仕事をする気になるのです。最終的には、ひとつの仕事を達成したつもりが、たくさんの仕事を達成できているのです。ベッドを整えることも、人生においては小さなことが重要だという事実を裏付けるもの。小さなことをきちんとできなければ、大きなことも決してきちんとはできません。そして、つらいでも、家に帰って自分が整えたベッドに行けば、明日はいい日だろうという気分になるのです。ベッドを整えることから始めてみましょう。

McRaven氏のアドバイスは少しこじつけのように聞こえるかもしれません。しかし、彼のアドバイスは間違いなく一考の価値があります。幅広い影響力を持ちたいと思うなら、小さな規模でも簡単に影響力を使えなければなりません。小さな勢いを長いことかけて蓄積していくことはできますが、それにはどこかで始めなければならないのです。皆さんが毎朝の単純な仕事(ベッドを整える、歯を磨く、瞑想する、運動する、日記をつけるなど)を達成したことで勢いを得れば、それは次のステップへと自分を連れていってくれる力となるのです。

Want to Change the World? Start Your Day by Making Your Bed|99u

Tanner Christensen(訳:コニャック

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next