特集
カテゴリー
タグ
メディア

「スーパー店内でのカート位置追跡サービス」が業界を革新する

「スーパー店内でのカート位置追跡サービス」が業界を革新する

Gigaom:イギリスの製品開発・技術コンサルティング企業のCambridge Consultantsが、ネットワーク接続型ショッピングカートを開発中です。それは、店内にいる買い物客の位置を、誤差1メートル以内で把握できる、いわば「スマートカート」です。カートにBluetooth発信機とセンサーを取りつけてあり、買い物客の位置を追跡できるので、店側はタイミング良くクーポンを提供したり、店員の配置を工夫してレジの待ち時間を減らしたりできるそうです。カートの持ち去りも減るかもしれませんね。

スマートカートといっても、すでにあるカートのタイヤに、既製のセンサーを取りつけるだけです。タイヤの回転で発電するので、電池交換の手間もありません。非常に安価に実装できて、コストはカート1台につき、たったの5ポンド(約915円)です。おそらく今後は、さらなる改良や大量発注で、もっと安くなるはずです。

カートにBluetoothセンサーを取りつける一方で、店内にはあちこちにビーコン(発信機)を配置します。あとは、タイヤの動きを追跡してカートの移動距離と結びつける技術のおかげで、店内にあるショッピングカートの位置が、驚くほどの正確さで特定できます。その精度は、既存のさまざまな屋内位置情報システムとほぼ同じレベルですが、これまでのシステムでは、RFIDリーダーを設備したり、買い物客に専用のアプリをインストールしてもらったりする必要があったのに対し、このスマートカートでは、複雑なインフラは必要ありません。

カートから発信されるデータは、店内のサーバか、クラウドに送られ、あとで解析が行われます。とはいえ、このカートの本当のすごさは、データを見た店側が、リアルタイムで対応が取れるところにありそうです。「買い物客がこの棚の前に立ったら、商品クーポンを表示して売上アップを図る」(これにはアプリが必要ですが)、「十分な数の店員を配置して、レジでの待ち時間の短縮に努める」などの対応が可能になります。「客のショッピングリストに応じて店内の移動ルートを案内する」といった便利なサービスも可能かもしれません(この場合もアプリが必要になるでしょう)。

応用例としてもうひとつ考えられるのは、生鮮食品の即日配達サービス「Instacart」との連携です。Instacartは、顧客からオンラインで注文が入ると、個人契約の買い物代行人が近隣のスーパーに買い出しに行って顧客に届けるというシステムで急成長しました。これをスマートカートと組み合わせれば、代行人が注文された商品を手早く買い揃える役に立ちます。複数の顧客からの注文を、1度の買い出しで同時に処理することもできそうです。

既存の位置情報システムでは、個人の携帯電話を追跡するのに対し、このシステムの追跡対象はカートなので、プライバシーの保護が気になる人にとっても安心です。とはいえ、「店側はデータを駆使して、あの手この手で、客にもっとお金を落とさせようとしている」と思うと、買い物を楽しめなくなってしまうかもしれません。

このスマートカートはまだ構想段階にありますが、Cambridge Consultantsでは実証試験の実施に向けて、複数の小売店と協議を行っているところです。

Grocery shopping might be less painful with this smart cart|Gigaom

Stacey Higginbotham(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next