特集
カテゴリー
タグ
メディア

Apple、『iMessage』と『FaceTime』に2段階認証を導入

  • カテゴリー:
  • TOOL
Apple、『iMessage』と『FaceTime』に2段階認証を導入

2段階認証は誰もが利用できる最も重要なセキュリティー機能の1つです。しばらくの間、Apple IDにはそうした機能がありましたが、すべてのAppleのサービスやアプリに使えたわけではありませんでした。先日Appleは『iMessage』と 『FaceTime』に、2段階認証を導入しました。

これまでは自分のアカウントの2段階認証を有効にしていても、MacやiPhoneでiMessageやFaceTimeにログインしようとした時にコードの入力を求められることはありませんでした。これからはそういったアプリでもう少し強いセキュリティーが掛けられるようになります。

iMessageやFaceTimeがコードを要求するわけではありませんが、自分のApple IDアカウント設定から入手するアプリごとのパスワードがログインの際に必要になります。完全な2段階認証ではありませんが、いつも通りのパスワードを使うよりは安全です。

自分のMacやiPhoneの設定からApple IDにログインされていたのであれば、何も変わっていないように思うかもしれません。この機能はアプリ単体からログインする場合に限って適用されます。詳しくはリンクをクリックしてください。

Whitson Gordon(原文/訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next