特集
カテゴリー
タグ
メディア

次回の採用面接で聞いてみると良い12の質問

次回の採用面接で聞いてみると良い12の質問

採用面接は一方通行ではありません。将来の雇用主から山のように質問を受けるのが普通ではありますが、皆さんの方からも質問をしてみることをお勧めします。会社が自分に合っているかどうかを判断するのは、思っているより難しいものです。以下にあげる12個の質問は、その助けになるでしょう。

1.御社が今解決しようとしている最大の課題は何でしょうか?

2.今は、この仕事はどのように行われているのでしょうか?

3.御社の業務をより楽にするために、私にすぐにできることは何でしょうか?

4.何時に起きていらっしゃいますか、朝の日課はどんなものでしょうか?

5.自由な時間を与えられたら、個人的に、または業務で、時間をどう使われますか?

6.他に、今学ばれているものは何ですか?

7.直近で採用された5人の方は、御社について何と言うと思いますか?

8.最も直近で採用された方は誰で、その人たちがうまくいかなかった理由は何でしょうか?

9.仕事の結果が出て、それが時とともに改善されていくとしたら、私がリスクとをって新しいやり方を試すことについてどう思われますか?

10.今、募集している職位に合う人を補充するのに最大の困難は何でしょうか?

11.正直に仰ってください、私を皆さんのチームに参加させるとして最も気になるところはどこでしょう?それを解決するためには私は何ができるでしょう?

12.皆さんを喜ばせる、あるいは驚かせるために、私には何ができるでしょう?

もちろん全部の質問をすることはないでしょうが、いくつかの質問を準備しておけば、面接でより多くのことを得られるでしょう。もっと知りたければ、こちらの記事でも5つの有用な質問を紹介しています。

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac

Photo by codnewsroom.
swiper-button-prev
swiper-button-next