特集
カテゴリー
タグ
メディア

そわそわした気持ちを落ち着けるなら「書く瞑想」が効果的

そわそわした気持ちを落ち着けるなら「書く瞑想」が効果的

瞑想にはたくさんの効果がありますし、さまざまな方法があります。多くは静かに座ることに重点をおきますが、瞑想は書くことを通しても可能なのです。

ウェブツール「750 Words」の設立者であるBuster Benson氏は、ライティングが誰にでもできる瞑想の形である理由を説明しています。字数に上限は設けなくていいので、時間制限を設け、頭に思い浮かんだことを何でも書き出してみましょう。書いている内容を評価したり批評したりしてはいけません。頭に浮かぶ考えを観察し、そのまま書き出すのです。人によってはこの瞑想法が効果的であると彼は言っており、その理由をあげています。

文字を打つという行為は、そわそわと何かやることを探そうとする脳の部分を押さえてくれます。これは、すでに文字を打つという形で具体的な行為をしているため、新たにやることを探す必要がなくなるからです。ウォーキング、シャワー、皿洗い、ガーデニングなどといった行為の最中に、創造的な思考が活発になる理由は、それらの行為が脳の中の落ち着きのない部分を鎮めてくれるからです。

さらに、自由に言葉を書き出すことによって、考えが湧きあがると同時に目に見える形でそれが表されます。つまり潜在意識を直接書き出しているということになるのです。

ライティングメディテーションでやることは、日記を書くのとそう違いはありませんし、どんな道具を使っても構いません。ただし日記との違いは、1日のできごとを書いたり問題を解決するために書いたりするのではなく、思考に注意をはらうのが目的であるという点です。

黙想や静かな瞑想では効果があがらなかった人は、ライティングメディテーションの始め方が記載されたリンク先の方法をお試しください。

Dave Greenbaum(原文/訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next