特集
カテゴリー
タグ
メディア

英語を習慣化して「楽しく学ぶ」7つの工夫

英語を習慣化して「楽しく学ぶ」7つの工夫

どうせ英語を勉強するなら、楽しく学べるほうがいいですよね。それなら、楽しくて、英語が流暢になる習慣を身に付けてみてはいかがでしょう? 「オンライン留学体験」を提供する世界最大級のオンライン英会話スクール「EF イングリッシュタウン」の記事より、英語を楽しく学ぶためのコツを7つご紹介しましょう。

1. 雑誌を定期購読する

雑誌の定期購読を始めることは、定期的に英語を読む習慣を身に付けるのに良い方法です。ナショナルジオグラフィック、タイム、エコノミストなどの雑誌は、ニュースや考えさせられる記事が好きな人にはピッタリです。これらの雑誌は、英語がどのレベルの人にとっても読みやすい言葉を使って、品質の高い記事を提供しています。もう少し英語のレベルが高くて、文学や芸術に興味がある人なら、『The New Yorker』や『Vanity Fair』を試してみるか、写真、テレビゲーム、映画など自分の趣味に関する専門的な雑誌を購読してみましょう。将来役に立つボキャブラリーを増やす便利な方法です。ファッション感覚が優れている人は『Interview』や、アメリカまたはイギリス版の『Vogue』などが良いでしょう。ユーモアが好きな人なら、奇妙なブリティッシュ・ユーモアが読める『Private Eye』を試してみてください。

2. 音楽の情熱に溺れる

音楽が好きなら、コンサートが英語の吸収にうってつけです。歌詞や曲の間のアドリブがリスニング力を高めてくれますし、コンサート中に英語を話すファンたちとおしゃべりする機会があるかもしれません。ネイティブスピーカーのコンサート予定がなければ、新しい音楽をダウンロードしたり、新しいCDを買ったりするのもいいですね。

3. 衣装ダンスを一新する

楽しみながら英語力を上げるもう1つの方法は、英語のウェブサイトやショッピングサイトを使うことです。自分のために新しい服やアイテムを注文すれば、服、買い物、などのボキャブラリーを増やすのに役立ちますし、新しいファッションを試してみる機会にもなります。ショッピングの際は写真だけでなく説明を注意して読むように心がけてください。

4. オーディオブックを試す

英語を聴く機会を増やせば、理解力がついて発音も改善します。運転中やのんびりしているときに聴けるオーディオブックをダウンロードしてみてはいかがでしょうか? チャールズ・ディケンズなどの古典から、現代小説、自伝、歴史、科学的についての本など、さまざまな幅広いジャンルを読んでみることで、ボキャブラリーを大幅に増やすことができます。オーディオブックはイディオムや表現を覚え、その使い方に慣れるのにオススメの方法です。

5. 外国の映画や海外ドラマを見る

英語の映画やドラマを観るのもまた、英語力を高める効果的な方法です。物語の筋を楽しむのはもちろん、世界のさまざまな場所の英語のアクセントに慣れることができるからです。映画に字幕がついていれば、イディオムや表現を母語に相当する英語と適合させることができますから、もしかすると字幕が間違って訳されている瞬間を指摘できるかもしれません。地元の映画館で興味のある映画をやっていなければ、DVDを買ったり、英語の専門チャンネルを申し込むことも検討してみてください。

6. 特別な食事をする

英語のスキルを身に付けながら自分に報酬を与えるもう1つの方法は、英語のレシピを使って自分で料理をすることです。BBC Good FoodAllrecipes.comFood Network、などのサイトには世界中からの何千ものレシピが掲載されています。美味しい料理を試しながら料理に関するボキャブラリーを増やし、英語圏の国々のレシピの違いを見分ける絶好のチャンスです。自分の大好きな料理を英語で書かれたレシピを見ながら作ってもおもしろいかもしれませんね。

7. 日記を書く

英語を勉強するときは、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングすべてのスキルをきちんとこなすことが大切です。でもバランス良く学習するのは案外大変で、どれか1つが抜け落ちてしまうこともあるでしょう。すべての能力を底上げする確実な方法は、ライティングです。手帳でも、ブログでも良いので、日記をつけましょう。新しく習った英語表現を書き留めてもいいし、今日何をしたかという日記でも良いです。英語で書く習慣をつければ、英語力は目に見えて上がっていきます。

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next