特集
カテゴリー
タグ
メディア

エドガー・アラン・ポーが最後の一節から書き始める理由

エドガー・アラン・ポーが最後の一節から書き始める理由

Idea Couture社のクリエイティブ戦略部長であるRobert Bolton氏は、創作プロセスを頭から始めることが、必ずしも最良の結果を生み出さないということを知っています。

MISC Magazine」に彼が書いた記事で、Bolton氏は作家であり詩人であるエドガー・アラン・ポーの創作プロセスを批評しています。

ポーは、最後の節を最初に書きました。こうすることで、文章の構造と進め方を決定できるようになり、余裕を持って重要さと機知の度合いを測ることができるようになりました。また、節の韻や韻律、長さ、全体的な組み立ても決まりました。はじめに一連の制約を定義することで、要素を決めやすくなるのです

結論を頭に入れておくことで、残りのプロジェクトを構築する必要不可欠な制約が決まるのです。プロジェクトの最後の部分は、顧客に残るいつまでも消えない印象から、家具の部品一つへのこだわりに至るまでさまざまです。どのような決定をするにしても、Bolton氏は「結論に至るまでのすべての要素は、結論のメッセージに適合するように組み立てられる必要がある」と強調しています。

Edgar Allan Poe: Start at the End|99u

Stephanie Kaptein(訳:Conyac

Photo by Wikipedia
swiper-button-prev
swiper-button-next