特集
カテゴリー
タグ
メディア

デジタルデバイスを使ったスマート知育で海外へ羽ばたく「スマートエデュケーション」【Ventures High 2015】

デジタルデバイスを使ったスマート知育で海外へ羽ばたく「スマートエデュケーション」【Ventures High 2015】

ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、知育&教育アプリを開発・販売する株式会社スマートエデュケーションです。

あけましておめでとうございます。株式会社スマートエデュケーション代表取締役の池谷大吾です。

株式会社スマートエデュケーションでは、「21世紀を生きる、世界中の子どもたちの"いきる力"を育てたい」を経営理念に、スマートデバイス向けの知育アプリや、幼稚園・保育園向けの教育プログラムを開発、販売しています。

ドラえもん、アンパンマン、めちゃイケ...タイアップで飛躍した2014年

2014年は、アプリのDL数が1000万を超え、ユーザ数、売上ともに飛躍の1年でした。NHK Eテレ、ドラえもん、アンパンマンという、大きな影響力を持つ子ども向けのIPをお任せいただき、サービス開始と成功を収める事ができました。またフジテレビの人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』とのタイアップアプリ「おやこであそぼう めちゃギントン」でも、大きな成功を収める事ができました。

昨年私が読んだ中でオススメしたい1冊は、『レゴはなぜ世界で愛されて続けているのか 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理』(デビッド・C・ロバートソン著、黒輪篤嗣訳、日本経済新聞出版社)です。レゴも当社と同じ知育コンテンツを提供しており、成功や失敗を経て「ブランドを継続させる」という点について共感しました。

151005_ventures_smarteducation_cap.jpg

2015年は海外展開を本格化する予定

スマートエデュケーションは国内だけでなく、グローバル市場でも認知が広がっています。2015年は海外の大手デベロッパーとの協業を皮切りに、海外市場への展開を更に加速します

国内では、フジテレビとの協業のような大手メディア企業や、親子をターゲットにした事業を進める大手企業との協業を加速させます。

また、B to B to Cの取り組みとして、ITを用いた園児向け教育プログラム「こどもモードKitS(キッツ)」の拡販を、幼稚園・保育園に対して進めます。

151005_ventures_smarteducation.jpg

株式会社スマートエデュケーション

(池谷大吾)

swiper-button-prev
swiper-button-next