特集
カテゴリー
タグ
メディア

太陽光発電といえば黒いパネル? これからは「透明な瓦」でも

roomie

太陽光発電といえば黒いパネル? これからは「透明な瓦」でも

ルーミーより転載:太陽の力を借りて発電する。今までも私たち人間は、そうやってエネルギーを作ってきています。

公共施設やビルなどにはソーラーシステムを見かけることも多くなり、個人のおうちでの導入も増えているかもしれません。今回見つけたのは、ガラスでできた透明の瓦のソーラーシステム「SolTech System」。

クリーンなエネルギー、太陽光発電のソリューションを提案するスウェーデンのSoltech Energy社が開発したもので、従来の黒っぽい発電パネルではなく、透明でスタイリッシュ。通常の瓦と重さもほぼ同じなのだそうです。150125roomie_soltech_2.jpg

「SolTech System」を設置すれば、太陽の光を吸収し、加熱された空気を独自の特許システムで循環させ、電力として使用できるようになります。

曇りの日など、日の光がわずかでもエネルギーを発生させられ、1平方メートル当たり、350キロワットの電力を供給。既存の屋根に取り付けられるので、屋根を取り換える必要もなく、耐用年数は40年。しっかりと自家発電をすることができれば、電気代を節約できますね。

こちらは、ストックホルムで行われた建築フェア「Nordbygg」において、みんなが投票する「最も注目する新しい資材・システム」で金賞を受賞。

新しい技術や試みで、地球を守る。スタイリッシュに、クリーンエネルギーづくりに取り組めるのはいいですね!

SOLTECH SYSTEMinhabit

(林美由紀)

swiper-button-prev
swiper-button-next