特集
カテゴリー
タグ
メディア

前年より30倍の寄付を集めたアイデア:ペットボトルのパッケージに新聞記事を採用

前年より30倍の寄付を集めたアイデア:ペットボトルのパッケージに新聞記事を採用

みなさんは「寄付」をしたことがありますか? 日本では近年、東日本大震災をはじめ、大きな自然災害が続いています。そうしたことから、寄付に対する印象が変わり、継続して実践しているというひともいるかもしれません。

しかし、実際、自分もしくは家族や親戚、友人など、身近なひとが大変な目に合うようなきっかけだけでなく、社会問題を「自分ゴト」として受け止め、なにかアクションにつなげることは難しいのではないでしょうか。

「メディア」という存在には、もしかしたら、このような「支援を必要としているひとたち」と「日常を過ごしているひとたち」とをつなぐ媒介としても、もっと貢献できることがあるのかもしれません。そう感じさせてくれた新聞社のアイデアを紹介します。

寄付を募りたいトピックをペットボトルのパッケージに

毎日新聞社は、「新聞記事」と「ペットボトルの水」を組み合わせた、「NEWS BOTTLE!」を開発しました。

ペットボトルの側面のパッケージに、災害など寄付を募りたいトピックに関する自社の記事を採用。その記事を読んで、問題について詳しく知ってもらい、自分が支援したい問題が書かれたペットボトルの水の代金を寄付にあてるという仕組みです。

フィリピンの台風被害、カンボジアのHIV感染孤児問題、ケニアの植林活動、東北地方に太陽光パネルを設置する取り組み、富士山の環境保護などの記事がパッケージとなった水は、スーパーマーケットやレストランで、約3万本が販売されました。また、前年と比べて30倍の寄付が集まったそうです。

同社は、NEWS BOTTLE!の好評をうけて、最近では「紙コップ」でも同様の取り組みを行っています。高速道路サービスエリアのフードコートの一部で使われており、今後は病院、企業、コンビニなど、さまざまな場での展開を計画しているそうです。

水を買うという日常の中で社会問題に目を向けさせる、秀逸なアイデアですね。また、読者に読んでもらうだけではない、記事の活用の仕方を提示したという意味で、メディアの可能性を感じさせるものでもあります。

Mainichi Newspapers Co.: Donation Bottle | Ads of the World™

増やせ!新聞ファン(2) 世界が絶賛、ペットボトルの新聞化 ~「NEWS BOTTLE !」~|電通報

岡徳之

岡徳之

swiper-button-prev
swiper-button-next