特集
カテゴリー
タグ
メディア

初対面の相手の名前を覚えるためには、その人を紹介するのが有効

初対面の相手の名前を覚えるためには、その人を紹介するのが有効

人脈づくりには、名前を覚えることがとても重要。でも、出会ったばかりの人の名前を覚えるのは大変ですよね。そんな時、他に知り合いがいる状況ならご安心を。覚えたい人を知り合いに紹介すれば、名前を記憶に刻むことができるのです。パーティや職場のイベントで、初めて出会った人との会話がとっても盛り上がったとします。せっかくなので相手の名前を覚えておきたいのですが、そのまま放っておくと記憶の奥深くに消えていくだけ。そこで、「CreditDonkey」のキャシー・パーカー氏は、近くにいる知り合いをつかまえて、覚えたい人の名前を声に出して紹介することを勧めています。これは、とても礼儀正しいことですし、それと同時に、自分自身に「この情報は覚えておく必要がある」と言い聞かせる意味もあります。

2人がすでに知り合いかもしれないと思ったら、シンプルに「テッドとは知り合い?」と聞けばOK。誰も傷つけることはありません。もちろん、これをやるには、名前を聞くときにきちんと耳を傾けておくことが必要です。

人の名前を覚えることは、あなたにとってプラスになります。ですから、どんな手段を使ってでも覚えるようにすると、すてきな出会いが今後につながるでしょう。

23 Ways to Remember Names | CreditDonkey

Patrick Allan(原文/訳:堀込泰三)

Photo by Quinn Dombrowski.
swiper-button-prev
swiper-button-next