特集
カテゴリー
タグ
メディア

人呼んで、クリエイティブ業界の忍者!「ベンチ」は企業や個人の創造力をサポートし続ける【Ventures High 2015】

人呼んで、クリエイティブ業界の忍者!「ベンチ」は企業や個人の創造力をサポートし続ける【Ventures High 2015】

ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、組織デザインやプロジェクトマネージメントなどを手がける株式会社ベンチです。

あけましておめでとうございます。株式会社ベンチは、キャリアコンサルタントとクリエイティブプロデューサーの男女2人が営む小さな小さな会社です。

「ベンチ」という社名の由来は、サッカーや野球において監督や控え選手がいる"ベンチ"から名付けました。頑張っているフィールドプレイヤーたちをサポートする、エンパワーメントする影の存在として、企業や団体の中に入り込んで、組織デザインやプロジェクトマネージメントのお手伝いをさせてもらっています。

秘密保持契約もあり、実績などを細かくお伝えできないのですが、よくぼくらを知っている方は「忍者のような会社」と呼んでもらったりして、クリエイティブ業界やメディア業界の中で人目を忍ぶようにこっそりと暗躍させてもらっています。

たった2人で大型プロジェクトを回すために必要なこと

150109ventures_bench_2.jpg

弊社では、ライフハッカーにもご協力いただきました、渋谷ヒカリエを中心にした働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」の事務局をやっています。今回で2回目になるのですが、のべ6,000人を越える20代、30代の参加者に集まっていただき、若者たちが未来をつくっていく「新しい働き方」のムーブメントとして手応えを感じています。

150109ventures_bench_3.jpg
Photo by Aya Watanabe

また、今年の新たなる試みとして、国内最高峰のクリエイティブカンパニー「バスキュール」と「PARTY」の2社と共に、アート&プログラミングな人材育成を目指したクリエイティブスクール「BAPA(バパ)」の立ち上げ・運営を行いました。第一期生の卒業展示には、2日間で1,500人以上を動員するという業界内外に大きなインパクトを与えるものを生み出すことができました。

たった2人の会社ながら、「TWDW」や「BAPA」という怪物プロジェクトを裏方としてパワフルに円滑に動かせているように見えるのも、"オーシャンズ11"のようなチーム編成をとれているからです。その道のプロフェッショナルや50名以上におよぶ志あるボランティアメンバーたちにミッションごとに集まってもらって、アメーバのようにカタチを変えて、有機的な働き方ができているおかげです。

また、加えて、ぼくたちのような小さな会社が"恐竜"のような大きな会社を相手に生き残っていけるのは、新しい働き方をサポートしてくれるテクノロジーのおかげでもあります。「Google for Work」や「Evernote」、「Chatwork」などのワーク系アプリケーションだけではなく、「ScanSnap」「Uber」など様々なプロダクトやサービスを組み合わせて、生産性の向上やコスト抑止、スピードアップにつなげて、高速PDCAを回しています。

バイオ・テクノロジーの時代を確信できる一冊

2014年の一冊としては、雑誌『WIRED』(コンデナスト)が提示した"死の未来"特集は必見です。21世紀が、紛れも無くバイオ・テクノロジーの時代になると確信できます。

アートとサイエンス、デザインとエンジニアリングの境界が溶けていく時代で、バイオハッカーを名乗る福原志保さんや、死を民主化する「デスラボ」のインタビューなど、"Science of Death"に真っ向から向き合ったバイオ・エントリー書としても希有な一冊だと思います。

2015年はさらに「学び」の領域に注力します

いまどこの企業でも、クリエイティビティを必要とする人材や組織にまつわる悩みは尽きません。それどころか、さらに時代はものすごい速度でシフトしていき、何も対応策をとらない企業は弱体化の一路を辿るばかりです。

そんな中で、ぼくらの「TWDW」や「BAPA」などのプロジェクトに参加していただいたことなどをきっかけに、多くの企業や団体のみなさまから、「何か一緒にできないか?」とパートナーとして選んでもらい、お声掛けをいただけているのは、本当に有り難い限りです。

昨年までの経験や実績をもとに、さらに「学び」の領域については力を注いでいこうとしています。現在、「BAPA」の二期生募集が始まったり、新たなる学校プロジェクトを企んでいるので、ぜひジョインしてください。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

150109ventures_bench_4.jpg
Photo by rakuda

BENCH inc.

(株式会社ベンチ 取締役 横石崇)

swiper-button-prev
swiper-button-next