特集
カテゴリー
タグ
メディア

会議を台無しにしかねない11の個性

会議を台無しにしかねない11の個性

強烈な個性の持ち主は、会議を台無しにしてしまうことがあります。そんなことをやりかねない11の個性を見てみましょう。これまでの人生でいったいどれだけの会議に出席したのかは覚えていませんが、合計で1万時間くらいになるかもしれません。だとすると、マルコム・グラッドウェル氏が著書『天才! 成功する人々の法則』で示した理論に従えば、私は会議のエキスパートと言えるでしょう。学んだことがひとつあります。すべての会議が有益とは限らないし、いらだたしいほどくだらない会議もいくつかあります。その主な要因は、会議の進め方と、議論の進行を左右する「個性の持ち主」の存在です。

先ごろ、「AirTame」という新興企業が、会議を台無しにするさまざまなタイプの人物を紹介したおもしろい動画を公開しました。

AirTameは見やすいリストを送ってくれましたが、動画を見たほうがわかりやすいです。あなたは以下のカテゴリーのどれかにあてはまりませんか? あるいは、知人の中にこういうタイプの人がいるのでは?

残念ながら、これらのタイプの人々へのうまい対応方法があるかどうかはわかりません。それでも、こういう人々が存在することを意識して会議を進めると良さそうです。ちなみに筆者の欠点は、メモを取りすぎ、そのメモを他人に見せなかったり、時にはメモを有効に使うことすらしなかったりすることです。

1. 時間ファシスト:物事が時間通りに進むことを、自分の子どもよりも気にかける。

2. 会議に出席する時間を自分で決める人:遅刻する。いつも。必ず。

3. 否定者:どんなことでもあらを探し出す。

4. カッとなりやす人:すぐにテンパって怒る。

5. ずれている人:議論されているテーマから外れたことを話しだす。

6. とりとめもなく話す人:1つの文で言える内容を14段落にわたって述べる。

7. 支配者:自分よりも優れたアイデアに耳を貸さない。

8. SNS中毒:常にどこか別の場所にいる。

9. 視覚演出にこだわる人:かけた手間に見合う価値はないのに。

10. 期待外れの書記:最悪のメモを取るのが得意。

11. リーダー:誰が見ても、名ばかりのリーダー。

11 Personality Types Who Ruin Business Meetings|Inc.

John Brandon(訳:ガリレオ)

Photo by ShutterStock
swiper-button-prev
swiper-button-next