特集
カテゴリー
タグ
メディア

年末年始に使える「効率のいい読書戦略」

年末年始に使える「効率のいい読書戦略」

本を読んでいて、今ひとつ気乗りしないと感じるのなら、読み続けるかそこでやめるかを決めるために、まずは50ページ読んでみることにしましょう。そうすることで、「読み切らなければ」というプレッシャーを感じることなく、興味のある本だけを読み進めることができるようになります。作家で司書のNancy Pearl氏は、ブログで自らの読書に関するルールについて記しています。

みなさんから、「本に見切りをつける前に何ページくらいは猶予を与えるべきでしょうか」という質問をよく受けます。それに対する回答として私が導き出したのが、時間の有限さと本の世界の広さを考えたうえでの「50ページルール」です。50歳以下の方なら、その本に自分の時間を捧げるか否かを決めるのに、本に50ページの猶予を与えるのです。51歳以上の方、すなわち残された時間がさらに短い方であれば、100から年齢を引いた数字が、本を読み続けるかどうかの決断の前に読むべきページ数となります。

とはいえ、ページ数の変化は小さなものと言えなくもありません。(30年経っても、たった30ページ分が減るだけです!)シンプルに、本を開いて最初の50ページ(100ページでも)を読むことにしてはどうでしょう。Pearl氏のルールに従えば読み残しを溜めることもなくなりますし、読書に充てる時間を増やすこともでき、二重の意味で効率的です。

本を見限るのが早すぎると、新しいアイデアや考え方に触れるせっかくの機会を逃すことになります。その一方で、自分にとって価値のない本、おもしろくない本、同じことばかり何度も書いてある本を読むには人生は短すぎるものです。

もう無理に本を最初から最後まで読もうとするのはやめましょう。もし、50ページ読んだ後でも魅力を感じない本なのであれば、がんばって読み終えたとしても、おそらく大して意味はないでしょう。

"Rule of Fifty" | Nancy Pearl's blog

Herbert Lui(原文/訳:Conyac

Photo by Pedro Ribeiro Simões.
swiper-button-prev
swiper-button-next