特集
カテゴリー
タグ
メディア

薬を飲み込むのが苦手な人におすすめの2つの方法

薬を飲み込むのが苦手な人におすすめの2つの方法

大きな錠剤やカプセル薬を飲み込むのが苦手だという人はたくさんいます。しかし、次の2つのやり方なら、ずっと楽に飲み込めるかもしれません。ハイデルベルク大学のWalter Haefeli博士が中心になって実施し、学術誌『Annals of Family Medicine』に論文が掲載された実験では、150名をこえる成人が錠剤やカプセル薬を飲み込むさまざまな方法を試しました。その結果、「ペットボトル方式」「前かがみ方式」の2つがとても効果的だということがわかりました。

被験者の約60%が、「ペットボトル」を使った方法で、大きな薬を以前よりはるかに上手に飲み込めたと答えています。また、約90%が「前かがみ」の方法で、薬をずっと楽に飲み込めたと答えました。それでは、この2つの方法をご説明しましょう。

  • ペットボトルを使った飲み方:ペットボトルに水を入れます。それから、舌の上に薬を乗せ、ペットボトルの口をくわえて唇をしっかり閉じます。そのまま、頭を一気に後ろにそらせてペットボトルの水を口に含み、空気が入らないようにして水と薬を飲み込みます。このやり方は、錠剤を飲む際に向いています。
  • 前かがみのやり方:薬を舌の上に載せ、コップの水を少しだけ口に含みます。あとは、首を自分の胸に向かって前に傾けながら薬を飲み込みます。このやり方は、カプセル薬を飲む際に向いています。

大きめの薬がノドにつかえて飲み下すのに苦労しているのなら、上記のやり方を試してみてください。このやり方が向く人と向かない人がいるとは思いますが、薬にむせて吐き出してしまうよりはよさそうですよね。

Two Techniques to Make Swallowing Pills Easier | The Journal Annals of Family Medicine via NPR Health News

Patrick Allan(原文/訳:遠藤康子/ガリレオ)

Photo by Victor.
swiper-button-prev
swiper-button-next