特集
カテゴリー
タグ
メディア

苦手な部下からのストレスを軽減する方法は一緒に働くこと

苦手な部下からのストレスを軽減する方法は一緒に働くこと

管理職にある人ならば、神経を逆なでするような人を部下に持つこともあるでしょう。そんなときは、彼らを避ける代わりに、直接彼らと働くことを試してみましょう。イライラさせられることが減るかもしれません。「ハーバード・ビジネス・レビュー」では、職場で苦手な人と共存するための、いくつかのコツを紹介しています。あなたは、彼らの近くで働きたくなどないかもしれませんが、だからこそ試してみるべきなのです。

直感に反するアドバイスに聞こえるかもしれません。もし、ある従業員がそばにいると、ぎくしゃくしたり、苛立ったり、怒りを感じる場合、普通はその人を避けようとするでしょう。一緒にいるときには、目を合わせることにさえ抵抗を感じるかもしれません。しかし、目を合わせようとさえしない上司が、従業員のやる気をどれだけ削ぐものか、想像してみてください。

変化をもたらすには、もっと彼らと一緒に過ごす機会をつくる必要があります。そうすれば、その人の背景を知ることができるのです。これには、2つの利点があります。1つ目は、彼らの癖に慣れることで、一緒にいることが苦痛でなくなること。2つ目は、あなたは何がその人を刺激するか、どうすればそれをモチベーションの源として利用できるかを学べることです。

その人と親友になることはないでしょうが、その人のやる気を鼓舞し、一緒に働く方法が学べるでしょう。

How To Motivate Someone You Don't Like | Harvard Business Review

Dave Greenbaum(訳:Conyac

Photo by Innovate360.
swiper-button-prev
swiper-button-next