特集
カテゴリー
タグ
メディア

増えすぎたものは「ラベルのない箱」で保管。必要ないものを捨てられる整理術

増えすぎたものは「ラベルのない箱」で保管。必要ないものを捨てられる整理術

物があふれて寄付しようかどうか迷っているのであれば、それをラベルのない箱に入れておきましょう。そして、箱に「保管期限」を書きます。その日までに箱を開けることがなければ、その箱の中身は寄付するか、捨ててしまいましょう。作家のElaine St. James氏は、散らかった部屋にどう対処するかについて、著書『Simplify Your Life』でこのように述べています。

散らかったものは箱に入れて、2~3年先の日付を書いたラベルをつけましょう。箱の中身は書かないでください。箱は屋根裏か地下室、その他どこでも都合の良い場所に収納します。1年に1度、ラベルを確認しましょう。もし日付が過ぎている箱を見つけたら、箱を開けずに捨てましょう。箱の中身がわからなければ、後から惜しむこともありません。

St. James氏のすすめは、少し無駄が多いようにも思えます。ですから、もし捨てようとしているものが誰かの役に立つかもしれないと思うのなら、それを誰かにあげるのがいいでしょう。寄付する、しないを箱に書いておけば、他の箱と一緒に間違って捨てることもありません。ただし、中身について具体的なことは書かないでください。捨てるときに中身を思い出してしまうかもしれません。

保管期限は、自分が適切だと思う日にちに変えたり、中身がどれだけ重要かによって変更してもいいでしょう。大切なのは、中身が何だかを忘れてしまえば、あれこれ考えずにその箱を手放すことができるということです。

Simplify Your Life | Farnam Street

Herbert Lui(原文/訳:Conyac

Photo by Ally Aubry.
swiper-button-prev
swiper-button-next