特集
カテゴリー
タグ
メディア

最新版のiOSインストール、旧機種ユーザーはまだ待ったほうが良さそう

最新版のiOSインストール、旧機種ユーザーはまだ待ったほうが良さそう

先日Apple社はApple製品の旧機種(iPhone 4S・iPad 2・iPad Mini・iPod Touchなど)のパフォーマンス改善を見込み、iOS 8のアップグレード版をリリースしました。しかし、テクノロジー関連の情報サイトArs Technicaの調査によると、期待はずれな結果がいくつか見つかったようです。 旧機種を利用しているユーザーにとって、iOS 8は動作を遅くする厄介なものです。このインターフェースは処理速度が遅く、アプリのローディング時間も速いとは言えません。これは最新版である8.1.1にアップグレードしても、大きな改善は見られないようです。Ars Technicaがテストを行ったところ、アプリのローディング時間はほぼ同じで、インタフェースも遅いままという結果となりました。そして、ウェブサイトの読みこみ時間がわずかながら長くなっています。結論を言うと、まだiOS 7で旧機種をお使いの方は、そのままの方が良さそうです。詳しいテスト結果はArs Technicaのウェブサイトで確認できます。

iOS 8.1.1, iPhone 4S, and iPad 2: a little faster, kind of, sometimes|Ars Technica

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next