特集
カテゴリー
タグ
メディア

たとえ外国語が必要なくてもバイリンガルを雇ったほうがいい理由

たとえ外国語が必要なくてもバイリンガルを雇ったほうがいい理由

世界が多様化するにつれ、賢い会社は、バイリンガルの従業員が必要であるということに気付いています。そして、これは常識になりつつあります。2カ国語が話せる人たちは、第二言語を必要としない状況でも、他の人よりも速く考え、より生産性が高いということが証明されました。

バイリンガルは脳が鍛えられている

米ノースウェスタン大学とヒューストン大学によって行われ、「Brain and Language」という雑誌に発表された研究によると、バイリンガルの人たちの脳は2つの相反する言語のバランスを取り続けることが要求されるため、言語と視覚を結ぶ点において優れているということが明らかになったとのこと。

研究では、2つの言語を話す人たちと1つの言語だけを話す人たちに、脳内の血液の流れを測定するMRIを付け、英単語とそれにマッチする絵を一組にするよう指示されました。結果、バイリンガルたちは、正しい結びつけをするのにより少ない範囲の脳の機能を使っており、それゆえより少ない労力で課題を達成できたということを示しました。

研究者は、ニュースメディア「Live Science」の記事にて、「バイリンガルの人は、話を聞くとき、2つの言葉の間で対立を経験するので、1つの言語だけ話す人よりもより多くのことをしなければならない。しかし、バイリンガルの人は、人生においてずっとこのような思考のトレーニングをしているので脳が鍛えられている」と語っています。

研究者によると、バイリンガルの人は、不必要なもの、自分を混乱させるもの、また気が散るようなものをブロックし、マルチタスクに必要不可欠な、鋭く考えるスキルがより発達しているのだそう。

第二言語を学ぶことに遅すぎるということはありません。Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグを見てください。先月、彼は流暢な中国語で中国の大学生の質問全てに答え、彼らを驚かせました。

Why You Should Hire Bilinguals Even If You Don't Need Their Language Skills|Inc.

Oscar Raymundo(訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next