特集
カテゴリー
タグ
メディア

悪い勤務評定をもらった後に「するべきこと」と「するべきでないこと」

悪い勤務評定をもらった後に「するべきこと」と「するべきでないこと」

勤務評定をもらうのは、ただでさえストレスのかかることですが、席につくなり「君はあまり良い仕事ができていない」などと言われたら、最悪です。今回は評価を受けた後にするべきことと、するべきではないことをそれぞれ3つご紹介します。悪い勤務評定をされると悪循環に陥りやすくなります。その評価が正当ではないと感じている時は、なおさらです。しかし、顔を上げて前向きになれる良い方法があります。ハーバードビジネスレビューのCarolyn O'Hara氏は、以下の行動原則を心に留めておくよう勧めています。

するべきこと

・質問をして、説明を求めること。自分が成長できる方法を知る作業は欠かせません。

・先手を取り、細かい行動計画を立てること。

・もらったフィードバックに価値を見出すようにすること。前向きな成長に必要なチャンスになります。

するべきでないこと

・フィードバックに怒ったり、議論をふっかけること。─ 状況を悪くするだけです。

・怒りを発散するために同情してもらえる友達にグチを言う。─ 評価の意味を理解するためには、素直に受け取ることも必要です。

・評価を最終通告と受け止めること。─ フィードバックにどう対処するか考えるほうがずっと大事です。

悪い評価というのは世界の終わりでもキャリアの終わりでもありません。それは、改善の余地があるというだけのことで、悪いことではないのです。マイナスの評価に対処するのは難しいものですが、3つのするべきことと、するべきでないことを頭に入れておけば、その評価を新しく生まれ変わるためのチャンスにすることもできるのです。

What to do After a Bad Performance Review|Harvard Business Review

Patrick Allan(原文/訳:Conyac

Photo by Russell James Smith
swiper-button-prev
swiper-button-next