特集
カテゴリー
タグ
メディア

ターミナルを使わずに『Quick Look』でコピーを可能にするアプリ

  • カテゴリー:
  • TOOL
ターミナルを使わずに『Quick Look』でコピーを可能にするアプリ

僕がMac OS標準機能で頻繁に使う機能のひとつである『Quick Look』。画像ファイル、テキストファイル、Excelファイルなど、いちいちファイルをダブルクリックしてアプリを起動しなくてもすぐに閲覧できてしまう、とても便利な機能です。みなさんもお世話になっているのではないでしょうか。

でもこの『Quick Look』、充分に便利なんですけど、人間の欲望は限りないもので、もっとこんなことできたらなあ...なんてさらなる便利さを求めてしまいます。僕が『Quick Look』に求めるさらなる便利さは、コピーができること。『Quick Look』という名前の通り、"すぐに見る"という行為に関してはほぼ100点なんですけど、もう一歩便利さを追求して、すぐに見れてさらにコピーができると申し分ないんですよね。

実は『Quick Look』でコピーをする方法が以前のライフハッカーで紹介されていました。ただ、そのためにはターミナルで実行する必要があり、普通にMacを使っている方にはちょっと敷居が高かったんですよね。ターミナル、というだけで、「なんか難しそうだし、Macの調子が悪くなったらヤダし、やめておこうかな」なんてターミナル拒否症の方も多いのでは(僕もそのひとりですけれど...)。

そこで今回紹介するのは、ターミナルを使わずともアプリをインストールしてちょっと設定するだけで『Quick Look』でコピーを可能にする方法です。インストールするのは、『TinkerTool』というアプリです。

実際にやってみた

『TinkerTool』をダウンロードし起動後、上部のメニューから「アプリケーション」を選択します。

141109dosa1.jpg

設定を有効化するため、ログアウト、再ログインします。『Quick Look』でテキストファイルを開くと、任意の箇所を選択してコピーできるようになりました。

141109dosa5.jpg

まとめ

個人的には、今まで見るだけだった『Quick Look』でコピーができるようになるだけで、想像以上に作業が捗るようになりました。これはなかなか便利です。ちなみにこの『TinkerTool』、そもそもはOSの隠し機能を有効化するためのアプリで、今回紹介した事以外にも「Finder」や「Dock」などの隠し機能を有効化することで、Macをもっと便利に使うことができるようになります。

そして『TinkerTool』のいいところは、アプリ内でさまざま設定しても、Macのシステムのどんな部分も変更したり、追加したりすることがない点です。また、設定を元に戻したくなったら、「リセット」 から簡単に初期状態に戻すこともできます。つまり、システムがおかしくなってしまうリスクが低いので、Mac初心者でも安心してカスタマイズすることができます。

『TinkerTool』は日本語対応はもちろんのこと、10.1から最新のMac OS Yosemiteにも対応していますので、OS Xユーザーならだれでもインストール可能です。『TinkerTool』で、今回紹介した『Quick Look』はもちろんのこと、使いやすいようにあなたのMacをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

TinkerTool(無料・2014年11月9日現在) | Marcel Bresink Software-Systeme

(ドサ健)

swiper-button-prev
swiper-button-next