特集
カテゴリー
タグ
メディア

ベストを目指すならライバル製品より10倍優れていないといけない

ベストを目指すならライバル製品より10倍優れていないといけない

革新的なモバイルユーザーインタフェースの開発であれ、新しいウェブシリーズの立ち上げであれ、クリエイティブ業界の競争は過酷なものです。時間や努力だけでは真の優位性は得られません。起業家でテクノロジー投資家のPeter Thiel氏の著書「Zero to One」にあるように、自分のお気に入りの製品やサービスについて考えてみてください。

・PayPalは、最も近いライバルサービスより10倍簡単に使える。

・Facebookは、最も近いライバルサービスより10倍の人とつながれる。

・Redditは、最も近いライバルサービスより10倍夢中になれる。

爆発的な成功を収めているこれらのサービスに共通して見られるものとは何でしょうか? Thiel氏自身が投資している企業であるということのほかに、少なくとも1つのカテゴリで、最も近いライバルより10倍優れている点があります。モバイルデザインであれ、産業デザインであれ、何か価値あるものを作り出し、類似サービスの中で最高のものを目指すならば、より高い基準を追求すべきだとThiel氏は言います。

大まかに言って、独占的な技術は、それに最も近い技術よりも重要な領域において少なくとも10倍優れており、完全な独占を勝ち取るだけのレベルにあります。

このルールは独占的な技術に限ったことではありません。例えば、会社で一番のデザイナーになりたければ、デザインツールを人の10倍うまく使えるようになりましょう。自分の代理店を地域で一番にしたければ、顧客の要求に10倍うまく応えましょう。

何かを少しだけうまくやることは誰にでもできます。しかし、10倍うまくやれるのはほんの一握りです。

To Be the Best, You Need to Be 10x Better|99U

Hamza Khan(訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next