特集
カテゴリー
タグ
メディア

転職の面接ではだらだらと前職の話をしない方がいい

転職の面接ではだらだらと前職の話をしない方がいい

採用担当者はいつでも、面接の時に「なぜ前職を辞めたのですか」とか「なぜ新しい仕事を探しているのですか」と聞いてくるものです。簡潔でわかりやすい回答を用意しておき、いつもそれを使いましょう。前の職のことを長々と説明しすぎることは、面接での大きなマイナスになります

College Atlasは2,000人の採用担当マネージャに対して、面接での「べからず集」をヒアリングしました。10個のよくある間違いの中でも、トップの2つは以下のようなものです。

・前職を失った理由を長々と説明しすぎること

・前職を失ったことを乗り越えられていないと伝えてしまうこと

前の会社のことを悪く言うべきでないということは常識です。それを置いておいても、過去の仕事のことをくどくど話すのはやめましょう。誰かに不満を持っているとか、前の職場の雰囲気が嫌だったような印象を与えることは絶対に避けましょう。

会社を辞めさせられたとき、そこに私情を挟まずにいるのは難しいことです。ですが、質問された時には、悪く言うことはやめて、自分のスキルを強調できるような答えを用意しておきましょう。責任感を持ち、他人を責めることはせず、その経験から学んだことについて、自分の回答を方向付けましょう。

34 Crucial Job Interview Tips|College Atlas via MakeUseOf

Mihir Patkar(原文/訳:Conyac

Photo by bpsusf.
swiper-button-prev
swiper-button-next