特集
カテゴリー
タグ
メディア

営業に成功するための秘訣は「初デートのように」クライアントと接すること

cafeglobe

営業に成功するための秘訣は「初デートのように」クライアントと接すること

営業をはじめとしたビジネス上の交渉で、うまくコミュニケーションを進める秘訣は何でしょうか?

姉妹サイト「cafeglobe」では、ちょっと変わった例えでその秘訣が紹介されていました。それは、「初デート」のような気持ちでクライアントと会うこと。「cafeglobe」では、営業の秘訣を「クライアントを魅了する」ことと説明しています。

『商品やサービスを「売る」のを忘れ、純粋にたくさんの質問を相手にします。多くの質問をするためには、相手に好奇心を抱き、その日が相手との「最初のデート」であるかのようにふるまうのです。(中略)クライアントが本当に欲しているものを探してください。また、忘れてはならないのは、クライアントが本当に必要としていることについて知ることができる質問だけをすることです』(「Entrepreneur」より翻訳引用)

確かに、「売る」姿勢だけを見せたら、相手によってはすぐに警戒して「バリア」を作り、話すら聞いてくれないこともあります。営業職もビジネスの交渉も、自分が「話せる」ことは不可欠ですが、同様に「相手に話させる」ことも大切。警戒心を解き払うことができ、今後の参考になる貴重な情報も収集することができるのです。

相手に好意を持って、相手のことをよく知ろうとすること。相手のために何かできることはないかと真剣に考えること。...たしかに「初デート」と「うまくいく営業」には共通点が多いのかもしれません。デートだろうとビジネス上の付き合いだろうと、大切なのは人間同士の信頼関係ということですね。

この記事の全文は姉妹サイト「cafeglobe」よりどうぞ。

初デートのように仕事を進めるといい、シンプルな理由|cafeglobe

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next