特集
カテゴリー
タグ
メディア

小さい出費は無視でいい。効果的に節約するなら大きい出費だけに目を向けるといい

小さい出費は無視でいい。効果的に節約するなら大きい出費だけに目を向けるといい

何かを安値で購入するのはいい気分ですが、そこにこだわりすぎるのはよくありません。今回ご紹介するのは、ショッピングの時に自分に言い聞かせたいアイデアです。米質問サイト「Quora」のユーザーJapp Weel氏が下記のように述べています。

10,000ドルの商品で5%得するのと10ドルの商品で5%得するのとでは、同じ5%でも全く違うという事実をお忘れなく。脳は物事を標準化して処理しようとするため、2つのケースが同じように見えがちです。私は行動経済学を勉強して以来、普段食べる食料品でわずかばかりのお金を節約するのをやめました。

それよりも、どんな車を買うべきか、といった高いものを安く購入する方法を調べるために時間をかけるようになりました。当たり前ですが、車を4,000ドル値引きしてもらえば、たくさんの食料が買えます。にもかかわらず、ほんの少しのお金を節約するために、食料品やレストランのクーポンを集めるのはムダなことです。

それより、より安いアパートへ引っ越すことや、安い車を運転することなど、大きな出費を抑える努力をするほうがずっと効果的です。

確かに、いつものカフェラテを抜くことでお金は節約できますが、すでにかなりのお金を費やしている高価な商品を買うショッピング習慣にメスを入れましょう。これで、ずっと早く節約効果が出てきます。

What are some lifestyle changes that save money?|Quora

Whitson Gordon(原文/訳:Conyac

Photo by 401kcalculator.org.
swiper-button-prev
swiper-button-next