特集
カテゴリー
タグ
メディア

デジタルなの、アナログなの、どっちが好きなの? Android Wearのオススメウォッチフェイス第3弾

  • カテゴリー:
  • TOOL
デジタルなの、アナログなの、どっちが好きなの? Android Wearのオススメウォッチフェイス第3弾

少し落ち着いた感のあるAndroid Wearですが、デザインの評価が高い『moto 360』がいまだ日本未発売なのは残念でなりません。しかし、ソニーから11月下旬に『SmartWatch 3』が発売される予定で、腕時計での音楽再生やGPSを使ったトラッキングなどが堪能できるようなので楽しみです。

今回も「Android Wearのオススメウォッチフェイス」を紹介します。

Android Wearのウォッチフェイスは、続々登場しており、今回も多機能な物は避けて、時計として楽しめて無料のものを選んでいます。最近は、有償で凝ったデザインのものも登場しています。

Pure Watch Face

141005_AW01.jpg

余計な装飾がなくシンプルでエレガントな印象を受けるウオッチフェイスです。デジタル表示とアナログ表示が選択できますが、私は、アナログ表示が好みです。moto 360の円形ディスプレイを想定して造られているのかもしれませんが、四角ディスプレイのLG G Watchにもマッチしており、少しかしこまった場所でも使えそうです。

Aviation Watch Face for Wear

141005_AW02.jpg

航空計器の速度計をモチーフにしているウォッチフェイスです。四角いディスプレイを前提にしたデザインでアナログ表示です。速度計をモチーフにしたと言うだけあり、15分単位で分表示の背景が変えられており、視認性を高めています。また、計器の夜間表示を意識したのが、スリープに入るとオレンジ色に変化するのが見易くお気に入りです。

機械ギアー(時計)Lite For Android Wear

141005_AW03.jpg

アナログ表示のウオッチフェイスですが、バッググラウンドで歯車がグルグル回るアニメーションを観ることができます。機械式時計の動きを見ているような味わいと言うとおおげさですが、似た感覚で楽しめます。Lite版はフリーですが、カスタマイズの範囲が広い有償版(99円)もあります。

いかがでしょうか? 私は、『Pure Watch Face』がお気に入りで、スタメン入りしています。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next