特集
カテゴリー
タグ
メディア

冷え対策の秘訣は「朝食を抜かない」こと。ちょっと意外なおすすめ食材とは?

MYLOHAS

冷え対策の秘訣は「朝食を抜かない」こと。ちょっと意外なおすすめ食材とは?

MYLOHASより転載:この季節になると、気になってくるのが「冷え」のこと。悩まされる人も多いのではないでしょうか。厚着をしたり、重ねばきをしたりと衣類の調節で対策をするのも大切ですが、食事についてもできることがありそう。「太陽笑顔fufufu..net」にその方法が出ていました。

朝食を熱に変えて、体温を上げる

まず、基本となるのが「朝食を抜かない」ということ。食事を食べると体がぽかぽかと温まる働きを「食事誘発性熱産生(Diet Induced Thermogenesis 略してDIT)」というのですが、このDITの働きが朝は重要なのだそう。

人間の生活サイクルに合わせて、活動が始まる朝に、取り込んだ栄養素をエネルギー源に変える働きが高まるんです。その分だけ熱が多く作られます。また、朝は体温が上がる前。朝食をしっかり摂って熱を作り、体温を上げることが、冷え対策の基本になると言えます。

(「太陽笑顔fufufu..net」より引用)

冷えた体は、内側から温める。その働きが活発なのが朝と聞けば、忙しくても朝食は抜かないことが何より大切、といえそうです。

ナッツやドライフルーツが優等生

さらに、冷え対策のおすすめ食材として挙げられているのが「根菜」「オリーブオイル」「ナッツやドライフルーツ」。冬が旬の根菜を食べると体が温まるのはなんとなくわかるのですが、ナッツとドライフルーツはちょっと意外。

ポイントはビタミンEにありました。

冷え対策は、体温を上げること、身体を温めることに加えて、血の巡りをよくすることも大切。ビタミンEには血行を促進する働きがありますから、それを多く含む食材を取り入れましょう。

(「太陽笑顔fufufu..net」より引用)

つまり、ビタミンEが豊富なナッツやドライフルーツは優等生ということ。ナッツならアーモンド、ドライフルーツはレーズンやプルーンがおすすめだそう。朝食なら、シリアルなどで手軽に摂れそうです。

身体の冷えは、肩こりや肌トラブルの元にもなります。いまのうちからしっかり朝食を摂る習慣をつけて、この冬を乗り切りたいと思います。

[太陽笑顔fufufu..net]

冷えの季節が来る前に、いまからできること|MYLOHAS

(ミヤモトヒロミ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next