特集
カテゴリー
タグ
メディア

若干わかった気になっているAppleの新機能「Handoff」の使い方をおさらい

  • カテゴリー:
  • TOOL
若干わかった気になっているAppleの新機能「Handoff」の使い方をおさらい

Handoffは、Mac OS X YosemiteとiOS 8それぞれを搭載したデバイスを連携させる、Appleの新機能です。この機能を使えば、あるデバイスで作業していたことを、別のデバイスで続けられるようになります。例えば、iPhoneで電子メールを書いていて、やっぱりキーボードを使いたくなったら、続きはMacで書けば良いのです。では、そのための設定方法と使い方を紹介しましょう。

YosemiteでHandoffを有効にする

141021handoff2.png

実際にHandoffを使い始める前に、すべてがうまくいくように、いくつかの設定をする必要があります。また、お使いのMacがHandoffに対応していることも必要です。

  1. 「システム環境設定」を開きます(「アップルメニュー」または「アプリケーション」から)

  2. 「Bluetooth」を「入」にします

  3. 「一般」を開きます

  4. 「このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可」のチェックボックスにチェックを入れます

Yosemiteの側では、これで準備完了です。次に、iOSデバイス側の設定に移りましょう。

iOSでHandoffを有効にする

141021handoff3.png

Handoffを使うには、iOSの側でもいくつかの設定変更が必要です。

  1. 「設定」アプリを開きます

  2. 「Wi-Fi」をオンにします

  3. 「Bluetooth」をオンにします

  4. 「一般」>「Handoffと候補のApp」で、Handoffをオンにします

iOSデバイスが、先ほどのMacと同じWi-Fiネットワークにつながっていれば、これでHandoffが使えるようになるはずです。なお、iOSデバイスとMacをBluetoothでペアリングする必要はありません。ただ単に、双方のBluetoothをオンにするだけでつながります。

Handoffの使い方

141021handoff4.png

設定がすべて終わったら、さっそくHandoffを使ってみましょう。現時点では、メール、Safari、カレンダーなど、限られたApple純正アプリにしか対応していませんが、それはともかく、使い方はとてもシンプルです。

MacからiOSデバイスへの送信

141021handoff5.png

MacからiOSデバイスに何かを送信するには、まずHandoff対応のアプリをMac側で立ち上げ、作業を始めます。そしてiOS側で同じアプリを開くわけですが、まずはロック画面を見てみましょう。そのアプリのアイコンが出ているはずです。スワイプして、そのアプリを開きます。

iOSデバイスからMacへの送信

141021handoff6.png

iOSデバイスで作業しているものをMacで開く場合は、iOSデバイスで直前まで使っていたアプリケーションのアイコンがMacのDockに現れます。そのアイコンをクリックして開けば、作業を再開できます。

同様に、iOSデバイスに電話がかかってきた場合も、Mac側に通知が表示されます。その通知の「応答」ボタンをクリックすればMacから応答できるほか、プルダウンメニューで、一定時間後に「通知」するよう選択することもできます。

Thorin Klosowski(原文/訳:風見隆/ガリレオ)

Hadrian / Shutterstock.com
swiper-button-prev
swiper-button-next