特集
カテゴリー
タグ
メディア

集団で考えても素晴らしいアイデアは出てこない

集団で考えても素晴らしいアイデアは出てこない

どんなに素晴らしいアイデアでも、皆に同意させようとするのは、賢いことではないでしょう。ある程度の人数がいるグループなら、誰かしら反対の理由を考えつくのが自然だからです。内容を過剰に分析すると、進捗が停滞してしまいます。 広告業界について詳しいGeorge Lois氏の著書、「Damn Good Advice」の中で、著者はクリエイティブな仕事をする人に対して、大きなアイデアが浮かぶまで大きいチームと協力しないほうがいいと述べています。

民主主義的な環境で革新的な思考をするために受け入れられているシステムが、チームで考えて、チームで協力して仕事をすることです。これを信じてはいけません。私の年代で最も革新的な考えの持ち主といえば、Appleのスティーブ・ジョブズ氏です。一昔前ならヘンリー・フォード氏だったのでしょう。ジョブズは意見を一致させようとするタイプではなく、驚くような美的センスに恵まれた、自身の直感に耳を傾ける独裁者でした。

Lois氏は自分の直感を信じるよう言います。最終決断を下せるように、協力するとしても最大で3人に制限してください。一度アイデアが固まったら、チームワークを活かして、そこに命を吹き込んでいくのです。

Avoid Group-Think, Where Great Ideas Go to Die|99U

Stephanie Kaptein(訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next