特集
カテゴリー
タグ
メディア

部屋をミニマルに保つ自分ルール:毎週1つずつ不要品を売りに出す

部屋をミニマルに保つ自分ルール:毎週1つずつ不要品を売りに出す

「誰かにとって不要品でしかない物が、他の人にとっては宝になりうる」という考えは、インターネット経済における真言といえます。もし、あなたの家が不要品だらけなら、その中の何かにお金を払ってでも欲しいと思う人がいるかもしれません。不要品を片付けるためにも、毎週、何かを売る習慣を作ってみてはいかがでしょうか?eBayCraigslistで物を売ることをフルタイムの仕事にするのは時間も労力も要ることで、誰にでもできることではありません。しかし、週に1つだけ売り出すだけなら、それほど大変ではありませんし、自分の家がモノであふれなくて済みます。パーソナル・ファイナンスブログ「Budgets Are Sexy」はこう説明します。

いらないものであふれた物置部屋を見てうんざりするのは私だけではないでしょう。誰でも長時間Craigslistにかじりついている時間はないはずです。例え時間があったとしても、誰がそんなことをしたいと思うでしょう?

このストレスの溜まるサイクルを何度も何度も繰り返す代わりに、1歩ずつ前に進んで、少しずつ問題を解決していきましょう。一度に100個も売ろうとするのは無謀ですが、週に1つだけならそうでもありません。

不要品を売って処分すると、ストレスも一緒に減らせるという、副次的なメリットもあります。ただ、定期的な収入を得ようとして物を売ると、少しでも儲けようとしてプレッシャーになるので気をつけてください。自分のクローゼットを整理するついでに少しお金がもらえる程度に考えるのが理想です。買う側にとっては安く手に入れられるので、お互いにとってメリットがあるというわけです。

New Rule: List One Thing a Week on Craigslist!|Budgets Are Sexy via Rockstar Finance

Eric Ravenscraft(原文/訳:Conyac

Photo by rochestersnowman.
swiper-button-prev
swiper-button-next