特集
カテゴリー
タグ
メディア

やっぱりメイド・イン・ジャパンが一番。使えば良さが実感できる兵庫県発の「豊岡鞄」

やっぱりメイド・イン・ジャパンが一番。使えば良さが実感できる兵庫県発の「豊岡鞄」

ライフハッカーでも時々ご紹介していますが、私は鞄が大好きです。最近気に入っているのが、以前にも取り上げたことがある豊岡鞄です。

これまで、普段使いにショルダーバックを使っていました。MacBook Air 11インチと少しの資料を持ち運ぶには適当なサイズで気に入っていたのですが、数年使っておりくたびれた感が出てきたのと、持ち運ぶ荷物が増えたので、もう少し収納できるサイズが大きい鞄に買い換えました。今回も旅行を兼ねて兵庫県豊岡市に出向き、鞄を扱う多くのショップが軒を連ねる「鞄ストリート」にある「Artisan」で購入してきたのでご紹介します。

豊岡鞄について、おさらい

豊岡鞄を知らない方のために、簡単に紹介しておきます。兵庫県の北部にある豊岡は、千年の伝統を持つ鞄の産地で、長い歴史と職人の技が類まれない鞄を造っています。このなかから定められた基準を満たす企業で生産されて、審査に合格した製品だけが「豊岡鞄」と認定されています。

私が気に入っている理由は、丁寧な造りと使い勝手の良さです。使い始めでもファスナーの開け閉めが渋いということはありません。当たり前のことのようですが、造り手の目が細部まで届いているものは気持ち良く使えて、使い込むほど愛着が湧きます。この鞄の細部には、間違いなく神が宿っています。

今回はコレを書いました

購入したのは布素材のブリーフケースで、価格は19,000円です。生地はざっくりした風合いでカジュアルな印象を受けますが、ベーシックなデザインなので仕事で使っても違和感はありません。持ち手も同じ素材です。

140928_toyoka01.jpg

コンパートメントは2つに分かれており、一方は書類、もう一方はPCを入れるスペースです。

140928_toyoka02.jpg

書類スペースは大きく開けることができ、出し入れがしやすい造りです。一方のPCスペースは、クッション入りで15インチのMacBook Pro程度の大きさのノートPCまで入ります。

140928_toyoka03.jpg

また、以前の鞄より小物ポケットが多いので、MacBookに加えて、スマホにタブレット、最近ではNeptune Pineと年々増えていくガジェットの持ち運びにも便利に使えます。

購入した鞄の製造元「有限会社ヤマサキ商店」は、ホームページがなく通販できるのか不明です。また、鞄を購入したArtisanのオンラインショップは準備中なので、入手には豊岡に出向く必要がありそうです。11月になれば、松葉ガニのシーズンに入ります。豊岡へカニを食べに行き、豊岡鞄も買ってくると言った旅行プランはいかがでしょうか?

Artisan

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next