特集
カテゴリー
タグ
メディア

人前でスピーチをする最適な速度は、ゆっくり電話番号を読み上げるスピード

人前でスピーチをする最適な速度は、ゆっくり電話番号を読み上げるスピード

多くのは人前で話すと緊張するので、早口になります。上手なスピーチをするにはゆっくり話すことが大切で、自分の話す内容を正しく理解してもらうためには、電話番号を誰かに伝える時のようなペースで話すことが大切です。人材開発プログラム「Business Speech Improvement」のKatie Schwartz氏によると、ゆっくり話すことにより、観客の理解度が高まり、また話し手に自信があるように聞こえるといいます。

良い基準となるのは、電話番号を読み上げる時、聞き手がそれを書き留められるくらいのスピードです。長い数字を読み上げながら、自分で空中に書いてみるような、それくらいのスピードでスピーチの練習をしてみましょう。それが完璧なリズムなのです。

よりゆっくりと話すことによって、より説得力が増すこともあるのですが、聞き手の同意が得られていないと思われるような場合には、話すスピードを上げてみましょう

6 Simple Ways to Improve the Way You Speak|Fast Company

Mihir Patkar(原文/訳:Conyac

Photo by www.audio-luci-store.it.
swiper-button-prev
swiper-button-next