特集
カテゴリー
タグ
メディア

「やる気」のルールを思い出そう。モチベーションを維持するために必要な3つの要素

「やる気」のルールを思い出そう。モチベーションを維持するために必要な3つの要素

「仕事が常に負担になっている」とまでは言わないまでも、やる気を維持するのは絶え間ない戦いのようなものでしょう。「最近職場でやる気が出ない...」と思うことが多いなら、次の3つの要素について、改めてよく考えてみてください。『モチベーション3.0 』の著者であるダニエル・ピンク氏は、すべての人間にやる気を起こさせる3つの主な要素に焦点をあてています。

1. 自主性(Autonomy):仕事に対するコントロール。何をやるか、いつやるかといったことをコントロール出来れば出来るほど、モチベーションは上がります。

2. 成長(Mastery):前に進んでいる感覚。上達を感じられればそれだけモチベーションは上がります。

3. 目的(Purpose):仕事の意義。自分にとって意味のあることだと思えればそれだけ、モチベーションは上がります。

自主性があると、自分に合ったやり方で進められるので、仕事の流れが楽になるでしょう。成長があると、上達を感じることができます。誰しも得意なことをやるのは楽しいので、前進へと繋がります。目的があれば、目の前の仕事が重要だと思うことができ、自分がその仕事をする必要性も感じられるでしょう。

これらの3つの要素が自分にとって何を意味するかを理解すれば、高いモチベーションを維持できるはずです。興味があれば、同じテーマについてのピンク氏の有名なTEDトークもご覧になってみてください。

Drive|Daniel Pink via Life Optimizer

Patrick Allan(原文/訳:Conyac

Photo by Steven Depolo.
swiper-button-prev
swiper-button-next