特集
カテゴリー
タグ
メディア

森に行くだけでストレスホルモンは減少する:研究結果

MYLOHAS

森に行くだけでストレスホルモンは減少する:研究結果

日々忙しく働いているからこそ、休みの日はゆっくりリラックスできる場所で過ごしたいもの。心が休まる場所というのは人それぞれ違うこともありますが、ある研究では最もリラックスできる場所は「森」という結果が出たそうです。この研究について、姉妹サイト「MYLOHAS」が紹介していました。

フィンランドのタンペレ大学、精神学科における実験でのことです。いろんな年齢や性別の人間を混ぜて3つのグループに分けます。一つ目のグループは、ヘルシンキ市内のカフェに行く。二つ目のグループは市内にある公園の芝の上にゆっくりと横になる。3つ目のグループは森へ行くというもの。

(中略)

カレビ・コーペラ教授(Prof. Kalevi Korpela)によって行われたこの実験では、この後に唾液を採取。ストレスホルモンの量がどのように変化し、またそれぞれのグループにおける違いがあるのかを検査したのです。

その結果、森に行ったグループは、すべてのグループ内の人間においてストレスホルモンが大きく下がっており、リラックス効果が高かったことがわかりました(公園の芝に横たわるグループはその次にリラックス効果が高いことが判明)。

木々の緑が多いところに行くと深呼吸したくなるような気持ちよさを感じるものですが、実際にストレスホルモンも減少していることが実証されたというわけですね。最近ストレスがたまりがちという人は、休日のお出かけ場所を森にしてみるのがいいかもしれません。

この研究についての詳細は下記リンク先、姉妹サイト「MYLOHAS」からどうぞ。

心を穏やかにしてくれる。木の住まいの意外な作用|MYLOHAS

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next