特集
カテゴリー
タグ
メディア

こすり合わせると白い泡が。キュウリの苦味をとりのぞくと言われるおばあちゃんの知恵袋

こすり合わせると白い泡が。キュウリの苦味をとりのぞくと言われるおばあちゃんの知恵袋

キュウリは「世界一栄養がない野菜」と言われもしますが、カリウムなどのミネラルがバランスよく含まれ、むくみ対策などに良いともいいます。

最近のキュウリは昔ほどアクがないと言われてますが、自家栽培の場合などで時折、苦い味がすることも。この苦味を取り除く裏技があるのだそうです。

キュウリの両端を薄く切り、切った部分をきゅうり本体にこすり合わせる方法です。

上のetriliunさんのビデオ投稿にその方法がわかりやすく示されています。きゅうりの両端を切り落とし、その端の部分を本体とこすりあわせます。すると、白い泡状の物質が出てきます。これは有機化合物ククルビタシン。この物質が苦味の原因となっているのだとか。この泡が出なくなるまでこすり続けてください。

WonderHowToの説明によれば、ククルビタシンはきゅうりの皮に多く含まれているとのことです。温度により量が変化することはないので、きゅうりを常温で保存しても問題はありません。ただ皮の部分にも一番の健康成分が含まれています。

インターネットコミュニティー内では科学的根拠があるのかどうかについて賛否両論あるようで、多くの人が習慣的にやっている「おばあちゃんの知恵袋」的なものといえそうです。

How to Remove Bitterness From Cucumber|via WonderHowTo

Mihir Patkar(原文/訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next