特集
カテゴリー
タグ
メディア

疲れ目が気になるなら、パソコンを使うときに意識してたくさん「まばたき」をしたほうがいい

疲れ目が気になるなら、パソコンを使うときに意識してたくさん「まばたき」をしたほうがいい

目の乾燥やかゆみの原因はアレルギー以外にもあります。画面を凝視する時間が長くなるほどまばたきの回数が不足し、目の乾燥につながるとNPR(アメリカの公共ラジオ放送)は指摘します。

信じ難いかもしれませんが、私たちはパソコン画面、タブレットや携帯画面を見ているときにほとんどまばたきをしていないのです。これが私たちの目に問題引き起こします。

まぶたにはマイボーム腺という小さな分泌線があり、それが眼球に油分を分泌します。Marioneaux医師の説明によれば「まばたきをするごとに油分が分泌されます。1日を通して4秒ごとといったところですね」とのこと。

マイボーム腺の存在は知らなくとも、会社でパソコンの画面を1日中見ていると目が乾燥することは知っています。Marioneaux医師は、屋内の乾燥した空気も目の乾燥を助長していると言います。そしてまばたきをしないと、油分の交換が行われないので、目はもっと早く乾燥してしまいます。「目の表面は、涙の濃度が変わるまで乾燥します」と医師は説明します。「酸性度が増し、高濃度の涙は目の炎症をさらに悪化させます」。

解決策は簡単。もっとまばたきをすればいいのです

何よりもまず、もっとまばたきをしましょう。「意識してまばたきをしてください」とMarioneaux医師は言います。「信号待ちやダウンロードの完了を待っている時はこうしましょう。1、2、3、4、まばたき。1、2、3、4、まばたき。これを繰り返して分泌液を絞り出し、目に潤いを与えるのです」。

1日中何かをダウンロードしているのでなければ、普段の生活の中でまばたきのための休憩を入れるといいでしょう。ライフハッカーでも過去に、パソコンによる疲れ目を防止する方法をご紹介しています。また、定期的に目の休憩を促す『EyeLeo』といったWindowsアプリも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Dry, Scratchy Eyes? Staring at Screen Is Driving This Trend|NPR

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac

Photo by Lee Haywood.
swiper-button-prev
swiper-button-next