特集
カテゴリー
タグ
メディア

30秒でわかるApple発のスマートウォッチ「Apple Watch」まとめ

30秒でわかるApple発のスマートウォッチ「Apple Watch」まとめ

9月10日午前2時(日本時間)より行われたAppleのイベントで、スマートウォッチ「Apple Watch」が発表されました。名称は「iWatch」ではありませんでした。

時計の表示をはじめ、メッセージの送信、地図や写真アプリの使用、フィットネス情報の検知など、スマートフォンさながらの体験ができる腕時計型のデバイス。「ステンレス製の標準モデル」「アルミケースのスポーツモデル」「18金フレームのコレクションモデル」の3つを基本にした計34タイプを用意しています。

予約開始日は未定で、発売は2015年初頭を予定140910apple_watch_2.jpg

時計のサイドにあるダイヤルをAppleは「デジタルクラウン」と呼び、ここからさまざまな操作が可能です。

140910apple_watch_3.jpg

画面上のセンサーは繊細で、タッチとプレスも判別。

140910apple_watch_4.jpg

背面には2つの赤外線センサーと心拍計、ジャイロスコープと4つのセンサーを搭載。非接触型充電システムを採用。

140910apple_watch_5.jpg

ベルトが多数あるためカスタマイズを楽しめます。

140910apple_watch_6.jpg

届いたメールを認識し、オススメする単語や絵文字で返信。

140910apple_watch_7.jpg

地図アプリの利用。

140910apple_watch_8.jpg

Facebookの通知、TwitterのタイムラインなどSNSも見られます。

140910apple_watch_9.jpg

運動量を計測し、日々グラフ化します。

Apple製品では久しぶりに新カテゴリーの誕生。この発売を機にスマートウォッチ、そしてウェアラブルデバイスのムーブメントはよりいっそう大きくなっていくのでしょうか。また、同じく発表された最新モデルのiPhoneについては、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」それぞれの基本スペックまとめ記事にて!

兄弟メディア「ギズモード・ジャパン」にて発表会の全容をまとめています。会場の熱気や発表会の詳細はこちらでどうぞ(世界が変わる瞬間。本日深夜2時アップル発表会をリアルタイムでお届けします!)。また、Appleの公式サイトもすでに更新されています

(長谷川賢人)

※画像は兄弟メディア「ギズモード・ジャパンの記事」より転載
swiper-button-prev
swiper-button-next