特集
カテゴリー
タグ
メディア

コーヒーを飲んだ直後に20分間の昼寝をすると疲れが抜ける

タブロイド

コーヒーを飲んだ直後に20分間の昼寝をすると疲れが抜ける

タブロイドより転載:お昼休みに取り入れたい習慣。

コーヒーを飲んでから20分間の昼寝をすると、疲労がよく抜けるという調査結果が発表されました。海外メディアのVoxのレポートによります。コーヒーというと眠気覚ましのイメージが有りますが、その効果が出てくるのは飲んで20分程度経ってからです。この特性を利用し、20分だけ寝ることでスッキリと目が覚めるという仕組み。

ただし、20分よりも長く眠ると本格的な睡眠が始まってしまうので、注意が必要です。しっかりと目覚ましをかけておく必要がありそうですね。

この「昼寝コーヒー」について、まだ脳科学で効果が実証されたわけではありません。しかし、その効果を観察したところ、昼寝だけやコーヒーを飲んだだけのときよりも、しっかりと疲労が抜けていることを確認できたそうです。

これは、今日の昼休みからでも、試せそうなワザですね。早速実践してみたいところです。

昼寝コーヒーのコツ

では、実際に昼寝コーヒーをする際に、気をつけることは何でしょうか。

まず、昼寝をする前に、コーヒーを飲みます。理論上はカフェインの入った飲料であればどれも同じですが、カフェインの含有量や飲みやすさからコーヒーが最適ということです。

また、眠気覚ましの効果が早く出てしまわないように、コーヒーは素早く飲んでしまいましょう。ホットコーヒーを早く飲むのが辛い方は、アイスやエスプレッソで飲んでもOK。

コーヒーを飲んだら、さっさと寝てしまいましょう。もし眠りにつくことができなくても、うたた寝ぐらいで十分効果があります。

最後に、深く眠ってしまわないよう、20分以内に目覚めるようにしてください。これで、疲労がスッキリ抜けているはずです。

仕事中、いつも眠かったりしんどいと感じている方は、ぜひお試しください。

Scientists agree: Coffee naps are better than coffee or naps alone|Vox

最も効率よく疲労を抜く方法は、「コーヒーを飲んで20分昼寝」|タブロイド

(コンタケ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next