特集
カテゴリー
タグ
メディア

あっという間にカロリー摂取量を減らせる12の賢い選択

あっという間にカロリー摂取量を減らせる12の賢い選択

減量はしたいけれど、本格的なダイエットはしたくない? そう思っているのはあなただけではありません。きちんとしたダイエット計画に従うのも、制限を感じるのも嫌な人は多いです。多くの場合、現在の食生活をほんの少し変えるだけで摂取カロリーを減らしたり脂肪燃焼を促進したりするのが良いでしょう。

今回は、カロリー摂取量をあっという間に減らし、脂肪燃焼率を高める12の方法をご紹介します。

1. ベーグルの代わりにイングリッシュマフィン

朝一番に食べるベーグルは炭水化物でできた地雷です。イングリッシュマフィンに変えましょう。その方がカロリーが低く、全粒粉のものを選べば食物繊維も多く取れます。

2. ソーセージの代わりに卵白を

ソーセージは朝食で食べるたんぱく質としては最悪です。卵白に変えましょう。その方がカロリーが低くダイエットに効果的です。

3. オレンジジュースは飲まず、オレンジを食べる

フルーツジュースは常に避けましょう。カロリーが高く本物のフルーツに含まれる食物繊維に欠けます。朝食で何か甘いものを食べたいなら、オレンジをそのまま食べましょう。

4.スキムミルクより無糖のアーモンドミルクを

スキムミルクはカロリーを減らすにはヘルシーな選択肢ですが、無糖のアーモンドミルクに変えましょう。スキムミルクが90カロリーあるのに対してアーモンドミルクは30カロリーです。

5. 普通のヨーグルトでなくギリシャヨーグルトを

乳製品のアイデアをもう1つ。できる限り普通のヨーグルトでなくギリシャヨーグルトにしましょう。普通のヨーグルトは糖分が多くて血糖値が急激に上がってしまいます。それに対して、ギリシャヨーグルトはたんぱく質が多く糖分は低いのです。

6. ステーキよりティラピアを

たんぱく源としては、できるなら淡水魚のティラピアよりステーキを選びたいところでしょう。しかし、ステーキはヘルシーではありますが、脂肪を減らしたい人にはティラピアの方が低カロリーです。

7. パスタより金糸瓜を

パスタを金糸瓜に替えましょう。炭水化物もカロリーもはるかに低い金糸瓜は食事のカロリーを軽減するのに最適です。普通のスパゲッティと歯ざわりも見かけもそっくりなのでお手軽な代用品です。

8. グラノーラでなくオートミールを

朝食にグラノーラを食べる習慣があるならこれも変える必要があります。グラノーラはカロリーも糖分も多いので理想からは程遠い選択です。代わりにオートミールを食べましょう。ボリュームがあって、無糖です(無糖のものを選びましょう)。心臓に良い食物繊維も含んでいます。

9. サラダにはドライフルーツより新鮮な果物を

夕食のサラダをさっと作るとき、何か甘いものを足したいなら、ドライフルーツでなく新鮮な果物にしましょう。ドライフルーツは美味しいですが、とても高カロリーです。

10. バターの代わりにアボカドを

料理にクリーミーな味と舌触りの物を足したいときは、バターでなく裏ごししたアボカドにしましょう。どちらも脂肪を含んでいますが、アボカドの方がヘルシーな脂肪で食物繊維とビタミンEも含んでいます。バターはそうではありません。アボカドは健康を考慮する限り、明らかに勝っています。

11. フライにするより網焼きを

夏の間は、肉はフライパンで焼く代わりに時間をかけて網焼きにしましょう。網焼きはヘルシーな調理法であるだけでなく、煙によって肉が香ばしくなります。

12. 白米より雑穀を

調理すると白米より雑穀の方が低カロリーで蛋白質も多く糖質は低いのです。万能食として、雑穀にしてヘルシーな食事を楽しみましょう。

12 Smart Ways to Instantly Lower Your Calorie Intake|Dumb Little Man

Shannon Clark(訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next