特集
カテゴリー
タグ
メディア

パートナーとのケンカ後に「しばらく口をきかない」のは逆効果:研究結果

cafeglobe

パートナーとのケンカ後に「しばらく口をきかない」のは逆効果:研究結果

cafeglobeより転載:パートナーとのケンカは避けたいもの。でも、ささいなことで意見が衝突したり、口論に発展してしまうこともあると思います。相手の顔も見たくない、なんて気持ちにもなりますが、そんなとき、しばらく「口をきかない」という方法を選んでいませんか? 相手を無視することは一見効果的にみえますが、実はとんでもなく間違った手段なのです。

「沈黙の制裁」が夫婦を壊す

海外サイト「YourTango」に紹介されていたテキサスクリスチャン大学の研究によると、パートナーを無視する「沈黙の制裁」は、関係性を壊すだけでなく、自身の健康にも被害を及ぼすとの結果が出たそうです。

実際、長い年月をかけて1万4千人の関係性のパターンを調査したところ、

「『沈黙の制裁』はさらなるコミュニケーション問題を生み出すだけでなく、関係性においての充足感を奪い、結果、カップルの親密性を低下させる」

(「YourTango」より翻訳引用)

という衝撃的な結末に。これでは、仮に相手を謝らせることに成功したとしても、パートナーシップそのものを破壊しかねません。

「制裁」を加える側も大ダメージ

それだけではありません。さらに、

「『沈黙の制裁』は、パートナーとの関係性に影響を与えるだけでなく、制裁を加えている側の精神的な問題にもなりえます

(「YourTango」より翻訳引用)

とのこと。相手を無視することによる精神的なダメージは、自身の消化機能の低下を招き、便秘などで健康を害する結果になりかねないというのです。

どんなに頭にくることがあっても、相手を無視するというやり方は自分自身のためにも選ぶべきではありません。そんなときは喧嘩を一時中断して、お互い冷静になる時間を持ってみるのが良さそうです。そして、今一度相手と解決に向けて冷静に話し合う努力をしてみましょう。そのほうが、美容と健康にも良い影響がありそうです。

YourTango

夫婦ゲンカに無視は厳禁。「する方も身体を壊す」という研究結果|cafeglobe

(文/メーテル徹子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next