特集
カテゴリー
タグ
メディア

気分を上げてハートもわし掴み! 社員や部下に感謝の気持ちを表す、効果的な11の方法

気分を上げてハートもわし掴み! 社員や部下に感謝の気持ちを表す、効果的な11の方法

Inc.:これまで以上にビジネスが大変な時代になっています。会社を経営している場合は、自分のために働いてくれている社員に、どれだけ感謝しているかと伝えるのを、うっかり忘れてしまうこともあるでしょう。しかし、それは大きな間違いです。社員に感謝の気持ちを伝えるのは、会社の雰囲気を良くし、離職率を下げ、生産的な職場を作ることができる、一番簡単でパワフルなことです。あらゆるビジネスで有効です。

信じるかどうかは別として、58%の社員が、「これまで上司や社長から感謝の言葉を言われたことはほとんどない」と言っています。あなたが経営者だとしたら、うれしいことに感謝の気持ちを表す方法はたくさんあります。しかも、ほとんどはお金もほとんどかかりません。今回は、社員に感謝の気持ちを簡単に表す、とても効果的な11の方法をご紹介しましょう。

1. 裁量を与える

社員に裁量を与え、成長する様子を見守りましょう。信頼している証として、スケジュールの裁量をご褒美として与えます。自宅作業と称して、朝少しゆっくりコーヒーを飲んで出社するもよし、夜型人間であれば、夜に自宅で作業するもよしです。

2. ランチをごちそうする

社員をランチに連れていくのは、会社の雰囲気を驚くほど良くし、職場全体が幸せな空気に包まれます。特に感謝したい、素晴らしい成果をあげた社員や部署だけを、ランチに招待するのもいいでしょう。

3. みんなの前で名前を上げて感謝する

社内報がある会社であれば、特定の社員や部署を取り上げて感謝するようにします。社内報がない場合は、会議の時に個人名を上げて誉め称えるのもとても効果があります。

4. 功績を目に触れるところで称える

会社の掲示板や、ホワイトボード、お知らせを貼るコルクボードなど、何でもいいので社内の人目に触れるところに、大事な情報やニュースを掲示するようにします。誰かに赤ちゃんが生まれたとか、マラソン大会が近づいていること、社員が参加するイベントのことなどともあれば、ちょっとした自慢や支援したいことも掲示できるようにします。

5. 気をつかう

機嫌の悪い日でも、決して怒りをあらわにしてはいけません。どんなに何度も仕事のことで社員を誉めたとしても、一度怒鳴り散らしてしまえば、すべて水の泡です。常に微笑みを絶やさず、気をつかうようにしましょう。

6. 遅出/直帰をさせる

クライアントや仕事のプロジェクトのために、遠くに行かなければならない場合は、その日は遅出もしくは直帰にしてもいいと伝えましょう。

7. 仕事以外に頑張っていることもチェック

仕事や会社以外のことでも、社員が何か目覚ましい活躍や実績をあげたものについては、賞賛しましょう。例えば、養子を取ったとか、奥さんや旦那さんが新しいレストランをオープンしたとか。自分の上司が仕事以外のことも気にかけてくれているのだと分かると、社員はうれしく感じるものです。

8. 必要な時はすぐに謝る

何か失敗をしてしまったら、すぐに洗いざらい話してしまいましょう。申し訳ないと謝ることは、悪いことではありません。上司や社長が謝ると、社員は尊敬してくれるようになります。

9. 今さらながらカジュアルデーを作ってみる

ジーンズにTシャツ、スニーカーで出社するのは、かなり特別感があります。週1回、もしくは月1回のカジュアルデーを作ると、職場の雰囲気も明るくなりますよ。

10. 外に連れ出す

商談や契約をまとめてきた部署があれば、気分も上がります。そんなチームは、釣りや動物園、映画、など、何か楽しいところに連れ出して、どれだけ感謝しているかを表しましょう。

11. 社員の家族も気にかける

子どもや家族が病気で家にいる社員がいる場合は、世話や看護のために休みを取るようにすすめましょう。ガールスカウトクッキー(ガールスカウトに所属する女の子が資金集めのために売る)を社員の子どもが売っている場合は、1ケース購入して社内で配りましょう。

11 Really Effective Ways to Show Your Gratitude|Inc.

Peter Economy(訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next