特集
カテゴリー
タグ
メディア

ビジネスで成功するには欠かせない「共感力」を伸ばす3つの習慣

ビジネスで成功するには欠かせない「共感力」を伸ばす3つの習慣
共感力というのは、あるといいもの、人間関係において一番大事な親しみのある感情、外で働く時に好感を持たれるもの、などのように思っているかもしれません。しかし、このかなり人間くさい性質こそが、実際のビジネスでは欠かせないのだと、専門家は主張します。

共感力があると、指導力やリーダーシップの資質を伸ばしたり、正しい質問をしたり、チームワークを盛り上げたり、顧客のことが理解できたり、融資を受けることだってできるようになります。どれも知っておいた方がいいことばかりですが、自分の共感力を伸ばしたりすることができるのでしょうか? 他人に共感したり、感情移入したりする能力というのは、子どもの頃に培われるものですが、人生経験によって変わるのでしょうか? 誰かが考えていることが分かるようになったりするのでしょうか?

このような質問に対して、ロンドンの生涯学習スクールの設立教員であり、オックスフォード飢餓救済委員会や国際連合のような組織の共感アドバイザーでもあり、ケンブリッジ大学の元社会学と政治学教授である、Roman Krznaricさんが答えています。Krznaricさんは、カリフォルニア州立大学バークレー校「Greater Good Science Center」との、最新の共感に関する科学を共有していました。

共感力は、子ども時代で成長が止まるものではありません。生涯を通して育むことができます。そして、社会的変質のために大いに役に立つ力となります。社会学、心理学、歴史学の調査と、私自身の個人的な10年以上にわたる共感という性質の研究によって、日常生活の中でどのように共感力を伸ばすことができるのか分かりました。

共感力を伸ばしたいと思っている人は、Krznaricさんがすすめる、次の3つの習慣を取り入れるようにしてみてください。

1. 知らない人に興味を持つ

同じ電車に乗り合わせた人は、空いている席を取り合うだけの人ではありません。共感力の生きた教材でもあるとKrznaricさんは言います。

共感力の高い人は、知らない人に対する興味がとどまるところを知りません。子どもの頃は誰もが持っていた好奇心を今でも持ち続けており、バスで隣に座った人に話しかけたりします。しかし、社会に出ると、そのような人や行動は疎ましがられます。自分の身の回りにいないタイプの人に話しかけたり、自分とは全然違う考え方をしている人や世界に出会いたいと思うような好奇心は、共感力を高めます。好奇心はとても良いものです。ポジティブと幸せの権威である心理学者の Martin Seligmanさんは、好奇心は人生の満足度を伸ばす大事な性質だとしています。

では、好奇心をどのようにうまく利用すればいいのでしょうか? 天気や地元のスポーツチームの話をするだけではダメです。自分とはまったく違うタイプの人の場合は特に、その人の原動力となっているのは何かを理解しようとしましょう。「毎週1人は知らない人と会話をすると決めてやってみましょう。必要なのは度胸だけです」と、Krznaricさんはすすめています。

2. 話をよく聞き、弱味をさらけ出す

共感力は、人と交流することでしか伸びません。したがって、人と会話をする時は、できるだけ相手の心の内に入ったり、内面が明らかになるようにしましょう。Krznaricさん曰く、そのためには関連する2つのスキルを磨かなければなりません。相手の話をしっかり聞くことと、自分の弱味をさらけ出すことです。

共感力の高い人は、人の話をよく聞き、相手の気持ちや必要なことを理解するために、できる限りのことをします。癌と診断された友だちであろうが、夜遅くまで仕事をしていたことにまた腹を立てている奥さんだろうが、これでもかというくらい聞きます。次の特徴は、自分の弱味をさらけ出すということです。自分の仮面を剥ぎ、その人に対する感情をあらわにすることは、強い共感を示す上で欠かせません。共感は一方通行ではなく、双方通行なのです。

3. 共感できる範囲を広げる

貧困にあえぐ子どもや、最近クビになった友だちには、自然と共感できることでしょう。共感力をもっと高めるには、自然と共感できなそうな対象への見方を変えてみることです。相手が憎い敵のような人でもです。Krznaricさんはこのように言っています。

共感力の高い人は、札付きのワルみたいな人ですら、共感することができます。自分には理解できなそうな考え方を持っている人にも、共感する必要があります。

これは実際にはどのようなことなのでしょうか?

例えば、地球温暖化のための活動をしているなら、石油会社の重役の考え方や、なぜそのような会社を発展させたいのかを理解しようとすることは価値があるはずです。そうすれば、再生可能エネルギーにシフトする、うまいやり方を思いつくかもしれません。

これは、会社の経営者やビジネスのリーダーには、特に力となる仕事のやり方です。社会起業家として知られるBill Draytonさんは、「共感力はチームワークやリーダーシップを支える、ビジネスで生き残る上では欠かせない能力だ」と言っています。

3 Habits That Will Increase Your Empathy|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next