特集
カテゴリー
タグ
メディア

宇宙旅行にも役立つ? 酸素を作り出す人工的な葉が開発される

roomie

宇宙旅行にも役立つ? 酸素を作り出す人工的な葉が開発される

インテリアとして本物そっくりのフェイクグリーン(人工の葉)が使われているのを見かけることは多いですが、やはり本物の植物がある空間に漂う清涼な空気はまでは再現できないもの。

しかし、そんな状況ももうすぐ変わるかもしれません。

兄弟サイト「ルーミー」で紹介されていた記事によると、イギリスの公立大学Royal College of Artの卒業生Julian Melchiorriさんが、水と二酸化炭素を吸収して酸素を作り出す人工の葉っぱを開発したとのことです。

「Silk Leaf」と名付けているこのプロジェクト素材は、絹たんぱく質で作られたマトリックス中に葉緑体を懸濁(液体中に個体の微粒子が分散)させて生成するのだとか。学校のイノベーションデザインエンジニアリング科においてアメリカの他の大学との共同研究によって生み出されました。

シルクの繊維から直接抽出したある安定している絹タンパクの分子素材の中に、植物細胞から抽出した葉緑体を閉じ込めることに成功。結果として、葉のような生きて呼吸する初めての光合成物質を得ました。

この「Silk Leaf」は本物の葉と同じく、酸素を生成するために光と少しの水分を必要とするそうです。

宇宙空間での長距離移動において酸素を供給するために、無重力状態では育たない本物の植物の代用とすることも想定して開発された技術なのだとか。詳細は下記リンク先の兄弟サイト「ルーミー」からどうぞ。

酸素を作り出す人工的な葉っぱがついにできたよ|roomie(ルーミー)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next