特集
カテゴリー
タグ
メディア

サンフランシスコ国際空港の新サービスは「癒し犬とのふれあい」

cafeglobe

サンフランシスコ国際空港の新サービスは「癒し犬とのふれあい」

長いフライトを終え、重い荷物を引きずりながら、時差ボケで霞がかった頭のまま複雑な手続きをこなす...──どんなに心躍る旅であっても、空港というのは疲れることの多い場所です。

そんな空港に、つかのまでも心を癒してくれるものがあったらいいと思いませんか? そう、たとえばフワフワで抱きしめると温かい、優しい犬のような。

サンフランシスコ国際空港には、乗客にそんなサービスを提供してくれる「癒し犬」たちがいるのだそうです

この取り組みについて、姉妹サイト「cafeglobe」が紹介しています。

wag brigade program」と名付けられたこのシステムは、昨年12月より、サンフランシスコ国際空港がサンフランシスコの動物愛護団体と協力して始めたもの。犬と触れ合うことで、空港利用客が旅の疲れを癒せるように、というのが目的だそうです。

「セラピードッグ」として訓練された9頭の「癒し犬」は、「Pet Me!(私を撫でて!)」と書かれたベストを着用し、空港内を巡回しています。利用客からの評判も良く、「癒し犬に会いたいから」とわざわざ遠回りしてでもこちらの空港を使う、という人もいるほどです。

長い待ち時間に飽きてしまった子どもたちの遊び相手にもちょうどいいかもしれませんね。この重大な任務に取り組む犬たちのプロフィール等の詳細は、下記リンク先の姉妹サイト「cafeglobe」にて見ることができます。

疲れた旅人はいませんか。空港で「癒し犬」がパトロール|cafeglobe

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next