特集
カテゴリー
タグ
メディア

パートナーとの喧嘩を防ぐには、自分の中のネガティブな思い込みを否定するのが効果的

パートナーとの喧嘩を防ぐには、自分の中のネガティブな思い込みを否定するのが効果的

恋愛関係において、時にはパートナーを不当な理由から非難してしまうことがあります。パートナーの事情を思いやってあげるべき時に、最悪の思い込みをしてしまうのです。今度そのような状況に陥った時は、自分の思い込みが間違っている可能性を示すような根拠を探してみると、喧嘩を回避できるかもしれません。アメリカの一般読者向け心理学専門誌『Psychology Today』では、パートナーとの喧嘩を避けるための方法をリストアップして紹介しています。そのリストの中でも特に素晴らしい方法のひとつに、「自分をイライラさせる行動の理由を勝手に決めつける前に、自分の思い込みの『反証になる情報』を探す」という方法があります。

私たちには、自分の思い込みを裏付ける事実を探そうとする傾向があります。パートナーが約束の時間より10分遅れて帰宅したためにイライラした気分になると、過去にパートナーが遅く帰宅した時のことを自然と考え、彼女が時間を無視して友だちとおしゃべりしている光景を思い浮かべるでしょう。そうする代わりに、無理にでもパートナーがやむを得ない理由で遅くなった時のことを考え、彼女が約束した時間に帰宅できなかった理由を説明できるような事情を探してみましょう。

「他にどんな理由があるだろう?」と自分自身に問いかけるだけで、ネガティブな思い込みから意識が離れ、別の可能性が見えてきます。この方法は、恋愛関係にある人たちに向けたアドバイスとなっていますが、これは家族やルームメイト、同僚などとの人間関係にも役立つヒントして活用できます。

5 Tips for Sidestepping Conflict in Close Relationships|Psychology Today

Dave Greenbaum(原文/訳:丸山佳伸、吉武稔夫/ガリレオ)

Photo by Renato Guerreiro.
swiper-button-prev
swiper-button-next