特集
カテゴリー
タグ
メディア

逆境の中で「自分とは何か」を知る。3つのステップで困難を乗り越える方法

逆境の中で「自分とは何か」を知る。3つのステップで困難を乗り越える方法

困難というのは、何も昼ドラやリアリティ番組の中だけに存在するものではありません。運が悪くない人といえども、失業、ケガや病気、人間関係の揉めごと、職場でのトラブル、金銭的問題、大切な人の死などの困難は、いくつか経験することでしょう。

困難というのは不思議なもので、その渦中にあると感覚が麻痺してくるのです。したがって、困難をいち早く乗り越えることが重要になってきます。そうしないと困難に取り込まれてしまいます。

価値のあるものを作り上げている時は、必ずと言っていいほど障害が立ちはだかります。この障害を踏み台にして、困難を乗り越えるのがポイントです。今回は3ステップで困難をうまく乗り越える方法をお教えしましょう。

1. 客観的に観察する

大きな挫折を味わった時は、もう終わりだと絶望的な気持ちになるかもしれませんが、そんなことはほとんどありません。最悪の状況になった要因を、客観的に理論的に見極め、良いところを見つけられるようになれば、その経験にも感謝できるようになります。感謝の気持ちが湧いてくると、幸せにもなり、より早く回復します。実際、数多くの研究で、幸福な人の共通の特徴は、感謝の気持ちを持っていることだと証明されています。

2. ターニングポイントをラーニングポイント(学びの機会)に変える

困難が訪れたら、その経験を向上したり、成長したり、学んだり、立て直したり、自分自身や運命を試す機会として利用しましょう。成功への道は一筋縄ではいきません。何かしらの障害があるものです。成功している人やチームは、困難にぶつかったら、立ち止まる言い訳にしたり、目標を下げたりするのではなく、成長するチャンスに変えています。

3. 未来を見据え、今を生きる

過去のことに囚われてはいけません。未来がすべてうまく行くという約束に惑わされてはいけません。困難の渦中にある時、「この困難を乗り越えたら、当初の計画に戻ろう」というようなことをよく言います。この精神状態は、問題が解決して元通りになるのを待つことで、未来を投げ出しているようなものです。筆者のお気に入りの言葉があります。

昨日はヒストリー、

Yesterday is history,

明日はミステリー、

Tomorrow is a mystery,

今日はギフト、

Today is a gift,

だから今日はプレゼント(現在)と言うんだよ。

That's why we call it the Present.

人生の苦難を乗り越えた人たちは、その経験は自分にとってのギフトのようだと言います。困難の最中で自分とは何者かを知るからです。チベットには「悲劇は強さの源として利用すべきだ」という言葉があります。

遅かれ早かれ、誰もが何かしらの困難に遭遇します。計画を立て、心の準備をし、来るべき挑戦を受けて立ちましょう。そして、この3ステップで困難を乗り越え、武勇伝なり経験談なりを書きましょう。

3 Steps to Move through Adversity|Inc.

Lee Colan(訳:的野裕子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next