特集
カテゴリー
タグ
メディア

つらい朝に自分で作るエナジードリンク:暑さによる「ほてり」解消ジュース

つらい朝に自分で作るエナジードリンク:暑さによる「ほてり」解消ジュース

こんにちは、料理研究家のオガワチエコです。クラクラするような暑い日が続いていますが、体調はいかがでしょう。「自分で作るエナジードリンク」のコーナーも第4回目となりました。具合いが悪いわけではないけれど、なんとなくダルい...そんな気分を一新してくれるジュースをご紹介。今回は「ほてり解消ジュース」です。夏のこの時期、高温や強い陽射しを受けることによって体はほてってしまいがち。日中は、外を少し歩くだけでも、のぼせてしまうような感覚に。夜は夜で寝苦しく、朝は起きたとたんに始まる暑さに、寝起きの瞬間から不快な思いをさせられます。ここでシャワーを浴びるのも改善策ではありますが、内側のほてりはなかなか冷めません。それを解消してくれるのが、このジュースです。

ほてり解消ジュース

▼材料

きゅうり......1本

キウイ......1個

パセリ......3g

砂糖......大さじ1

氷......3~5つくらい

水......100ml

140824_juice_01.jpg

▼作り方

キウイは皮をむき、キュウリと一緒に適当な大きさに切って、その他の材料と一緒にミキサーでなめらかにかくはんする。

まず、きゅうりなどの夏野菜には、体を冷やす働きがあり、南国のフルーツであるキウイにも、体温を下げる効果が見込めます。パセリに豊富に含まれたカリウムによる利尿作用は、体温を外に逃がしてくれると言われます。その中に氷を入れることで、体の内側からのほてり解消を図ります。

きゅうりとパセリの青臭さもさほど気にならず、キウイの酸味をほのかに感じ、砂糖の甘さも加わり、見た目より飲みやすくなっています。砕けた氷のシャキシャキ感も楽しめて、とっても夏らしいジュース。気分爽快、朝からスタートダッシュといきましょう。

140824_juice_02.jpg

レシピ・文/オガワチエコ

料理研究家。ル・コルドン・ブルー、東京會舘クッキングスクールで料理と製菓を学ぶ。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。

(写真/大崎えりや)

オガワチエコ|料理研究家

swiper-button-prev
swiper-button-next